Raspberry Piが届きましたが、そのままだとOS起動できないのでいろいろ準備。起動する前まで編。やっとつつけるようになったので、その記録。

目的

とりあえず自宅用ファイルサーバをつくってみる。wordpress(apache+PHP+MYSQL)はメモリとCPU上厳しそうな予感。

初回起動に最低限必要なもの

SDカード:4Gぐらい~

 OSインストール+起動用。手元にあったKINGMAXのmicroSD(4G)にSD変換アダプタをつけたものを使用。容量的には4Gぐらいでいいんじゃないでしょうか、RSで販売しているのも4GにOS入れたものだし。カード単体で買うと500円ぐらい。

AC電源:microUSB端子で700mA以上

 Raspberry Piの電源端子はmicroUSB端子。RSOnlineで購入できる電源は英国仕様で日本で使えないらしい。とりあえずIDEOSについてきた電源を流用。出力が0.5v/700mAだから大丈夫なはず。PCのUSB2.0からの給電は、たしか最大500mAだったので難しいかも。USB3.0だと給電容量が増えたはずなので、もしかしたら可能かも。買うと1000円ぐらいじゃないかなぁ。

映像出力:HDMIまたはコンポジットに対応したディスプレイ

 Raspberry Piが持っている出力はコンポジットとHDMI。コンポジットは解像度が低いので、常用するのはしんどそう。HDMI⇔HDMIケーブルまたはHDMI⇔DIVケーブルで大丈夫だと思う。とりあえず手元にあったHDMI⇔HDMIケーブルを使用。買うと500円ぐらい。それと当然、HDMIつきディスプレイや液晶テレビなど。

入力:USBキーボード

 全部コマンドでするならUSBキーボードのみで。GUIを使いたいならUSBマウスも。

とりあえずSDカード+ディスプレイ+電源+USBキーボードがあればOS起動+キーボード入力可能になるので、コマンドのみで使うなら問題ないと思う。ネットワーク設定ができたら電源+LANのみで一応動くサーバになる、と思うたぶん。なるといいなぁ(´Д`)

起動するまでの手順

1.OSをSDカードに書き込み

Downloads | Raspberry PiからOSイメージをダウンロード。推奨されているOSは現在3種類。うち2種類のどちらかが良さそう

A.Raspbian “wheezy”
>If you’re just starting out, this is the image we recommend you use
とりあえずraspberry piを使ってみるならこれがおすすめ!と、最もお勧めされているOS。LinuxのDebianベース。今回はサーバ用なのでパス。

B.Arch Linux
>Arch Linux ARM is based on Arch Linux, which aims for simplicity and full control to the end user.
>Note that this distribution may not be suitable for beginners.
シンプルで全部ユーザがコントロールできるLinuxの一種。でも初心者にはお勧めしませんよ というOS。

Raspberry PiのメモリでGUIは苦労が多そうな気がするのと、個人的に「省電力ファイルサーバになって欲しい」のでこちらを採用。zipをダウンロードし、展開するとOSイメージ(.img)が出てきます。

Windowsで作る場合は、OSイメージの書き込みにWin32DiskImagerが必要。Download Win32 Disk Imager 0.6 r46 Free - Easily write IMG to USB cards - Softpediaからダウンロード。これを使ってSDカードにOSイメージ(.img)を書き込む。


書き込み中の様子。

※注意!※ドライブの選択を間違えるとハードディスクのデータが消えるかもしれないので、気をつけて作業してください。SDカードがWindowsにIドライブと認識されたら、Win32DiskImagerでも必ずIドライブを選択してください。CとかDを選択すると、既存のHDDが消える可能性があります。

SDカードを本体に差し込む

無事書き込めた。が、raspberry Piのボードを見回してもSDカードをさす場所がないような…ぱっと見るとこんな感じ

まさか右の黄色いやつに垂直にさすのか?と思ったけどさすがに刺さらない。はて、と

裏をみろ、とふと思ったので見てみると

あったよー(^ω^)左側の赤い四角で囲んだ部分。SDカードをさす場所の中身をむき出しで見たことないので「こんなんなのかー」と観察。SDカードさしたら刺さったので、たぶんここで正解。

次は起動までいけたらいいなぁ


Tags:


こんな記事も読まれています:

コメントを残す

トラックバックURL:
http://www.limemo.net/blog/2012/08/raspberry-pi-use-01.html/trackback