オープンソースのリソース監視ツール「Monitorix 3.2」がラズベリーパイをサポートしたみたいです

スポンサーリンク

[snap url=”http://sourceforge.jp/magazine/13/05/14/180000″ w=”400″ h=”300″]
オープンソースのリソース監視ツール「Monitorix 3.2」、Raspberry Piをサポート | SourceForge.JP Magazineより

 Monitorixは軽量さを特徴とするオープンソースのシステムモニタリングツール。ロードアベレージやアクティブなプロセス、メモリ使用量といったシステムの状態やハードウェア温度、I/Oアクティビティなどを取得するmonitorixデーモンと、取得した情報を表示するためのCGIスクリプトから構成されている。当初はRed Hat LinuxやFedora、CentOSといったLinuxサーバーでの利用を目標に作成されたが、FreeBSDやOpenBSD、NetBSDといったUNIX系OSもサポートする。ライセンスはGPLv2。

軽量なシステムモニタリングツールのようです。cactiと同じ用途?

 Monitorix 3.2.0は2月に公開された3系で3回目のリリースとなる。新たにRaspberry Piセンサーに対応、クロック周波数、温度、電圧を表示する新しいグラフが加わった。利用には、Raspberry Piのvcgencmdコマンドをインストールする必要がある。

クロック周波数や温度(たぶんCPU)に対応したようです。
ラズベリーパイはケース無しだとそう熱くならないですが、密閉ケースに入れているとそこそこを熱を持つ気がします。
しかもこれから暑い夏がやってくるので、温度がわかったほうがいいかも

ラズベリーパイで色々なツールが使えるようになるのはいいことですね(∩´∀`)∩

おすすめアイテム!

この記事の内容はラズベリーパイを使うと実際に試すことができます!
記事を読むだけでなく「実際に自分の手を動かして体験してみる」ことがコンピュータに詳しくなる近道です!

2018年11月現在、ラズベリーパイ3 モデルBプラスが日本で手に入るコスパが良い最新モデルです!
Raspberry Pi 3 Model B+ element14 スターターセット BASIC ラズベリーパイ3 モデルBプラスではUSB機器からラズベリーパイのOSを起動することができるようになりました。 下記のようなUSBポータブルHDDを使うと、ラズベリーパイで大容量の音楽プレイヤができます! マイクロSDで同じ容量のものを買うより安いのでおすすめです! https://www.amazon.co.jp/dp/B06X3VSKJ7/ref=as_li_ss_tl?_encoding=UTF8&psc=1&linkCode=ll1&tag=aza2limemo-22&linkId=25f18e2118942a9614514a6c0b0e535c

ラズベリーパイで最先端のアプリ開発やAI研究をしているけど動作が遅いなぁ…という場合は

ラズベリーパイは安価なPCとしては高速ですが、通常のデスクトップPCと比べると性能は劣ります。

ラズベリーパイで最先端のアプリ開発やAI研究をしたいと思ったなら、Ubuntuが動作するデスクトップパソコンがおすすめです! Ubuntuはラズベリーパイとほぼ同じように操作できます!
UbuntuがインストールされているPCはCPUが高速でメモリが多く、ストレージもSSDなのでストレスなくアプリ開発を行うことができます!
グラフィックボードも搭載されており、膨大な計算を必要とするAI研究も可能です!

ラズベリーパイでは数日かかるような膨大な計算も、短時間で終えることができます!

パワフルなPCを使用すると素早く最先端のアプリ開発が可能です。これはIT業界を志望する場合の強い武器になります!
Dell デスクトップパソコン XPSタワー Core i7プレミアムモデル 18Q46/Windows10/16GB/256GB SSD+2TB HDD/GTX1050Ti