ラズベリーパイを使ってみる – マイクロソフトオフィスのようなオフィスソフトをインストールする –

ラズベリーパイを使ってみる、今回はオフィスソフトのlibreofficeをインストールしてみます。
結果は4ギガのSDカードだと足りなかったのかも…?

2013/08/22追記

なんかlibreoffice Writerが入ってました。とりあえずスクショ
Screenshot_from_2013-08-22 11:01:22
起動はちょっともっさりしますが、3500円のPCでオフィスソフトが動くというのはすごいですね

インストール

たぶんapt-getで一発インストール。

sudo apt-get install libreoffice

サイズが143MBと大きいので、ダウンロードやインストールに時間がかかります。その間放っておくかコーヒーでも飲むのをおすすめします(^o^)

ラズベリーパイはCPUが低速&SDカードへの書き込みもハードディスクに比べると遅いので、大きなソフトをインストールするときは時間がかかることが多いです。
なので時間があるときにコーヒー準備してからつつくのがおすすめ。

試してみたら4ギガのSDカードの空き容量がゼロになりました/(^o^)\
開発用に色々入れていたので、そのへんのせいかも。
はっきりした原因はわかりませんが、インストールしてみるときは8ギガ以上のSDカードをおすすめします。

PiStoreにもlibreofficeはあるので、ラズベリーパイで使えると思います、たぶん。

おすすめアイテム!

この記事の内容はラズベリーパイを使うと実際に試すことができます!
記事を読むだけでなく「実際に自分の手を動かして体験してみる」ことがコンピュータに詳しくなる近道です!

2018年02月現在、ラズベリーパイ3が最新モデルです!

下記のスターターキットはラズパイを使うまでに必要なものが全て揃っています!
購入すればすぐにラズベリーパイを楽しむことができます!
Raspberry Pi 3 Starter Kit for JP 日本向け ラズベリーパイ3 スターターキット (化粧箱入り)
Raspberry Pi 3 Starter Kit for JP 日本向け ラズベリーパイ3 スターターキット (化粧箱入り)

ラズベリーパイでは最新のWindowsを使ってIoT開発を行うことが出来ます!
下記のマイクロソフト純正のPCだとタブレットとしても使えて処理も速く、最新のWindowsがキビキビ動きます!
ラズベリーパイと組み合わせて使うと、素早く最先端のIoT開発が行えます!!
マイクロソフト Surface Pro 4 CR3-00014 Windows10 Pro Core i5/8GB/256GB Office Premium Home & Business プラス Office 365 サービス 12.3型液晶タブレットPC
マイクロソフト Surface Pro 4 CR3-00014 Windows10 Pro Core i5/8GB/256GB Office Premium Home & Business プラス Office 365 サービス 12.3型液晶タブレットPC
ラズベリーパイでIoT開発を行うなら、書籍があると便利です!
書籍があると素早くIoT開発が行えます!
Raspberry Pi 3でつくる IoTプログラミング
Raspberry Pi 3でつくる IoTプログラミング