ラズベリーパイを使ってみる – フォトショップに近い無料のお絵かきソフト gimp のインストール –

2017年9月 追記

ラズベリーパイ3で動作確認をしました!OSはraspbian-jessieです。

2016年2月 追記

ラズベリーパイ2で動作確認をしました!ラズベリーパイ2のOSはraspbian-jessieです。

gimp(ぎんぷ)は、無料で使用できるお絵かきソフトです。

インストール

コマンド一つでOKです

sudo apt-get install gimp

インストール時のログ

sudo apt-get install gimp
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
以下の特別パッケージがインストールされます:
  gimp-data libamd2.2.0 libbabl-0.1-0 libgegl-0.2-0 libgimp2.0 libopenraw1
  libpoppler-glib8 libumfpack5.4.0 libwmf0.2-7
提案パッケージ:
  gimp-help-en gimp-help gimp-data-extras
以下のパッケージが新たにインストールされます:
  gimp gimp-data libamd2.2.0 libbabl-0.1-0 libgegl-0.2-0 libgimp2.0
  libopenraw1 libpoppler-glib8 libumfpack5.4.0 libwmf0.2-7
アップグレード: 0 個、新規インストール: 10 個、削除: 0 個、保留: 94 個。
14.9 MB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 65.7 MB のディスク容量が消費されます。
続行しますか [Y/n]?

実行

ラズベリーパイを起動し

startx

でGUIを起動してから、下のコマンドを入力して実行すると使えます!

gimp

Screenshot from 2016-02-19 19:03:29_001.png_addlogo


ラズベリーパイでフォトショップの代わりに画像編集や加工をするときに使いといいかもと思います

フォトショップとの比較

画像ソフトというとアドビのフォトショップが有名ですが、フォトショップの基本版である「フォトショップ エレメント」の最新版だと値段が12000円程度かかります。

また、フォトショップの完全版は月980円、1年で12000円程度の月額制であり、3年使うと36000円程度と長い目で見ると高いです

・絵はときどきしか描かない
・絵を書くソフトよりもペンタブレットなどにお金をかけたい
ときにgimpは良いかと思います!Windows版もあるので、Windowsで試してみることも可能です!

おすすめアイテム!

この記事の内容はラズベリーパイを使うと実際に試すことができます!
記事を読むだけでなく「実際に自分の手を動かして体験してみる」ことがコンピュータに詳しくなる近道です!

2018年02月現在、ラズベリーパイ3が最新モデルです!

下記のスターターキットはラズパイを使うまでに必要なものが全て揃っています!
購入すればすぐにラズベリーパイを楽しむことができます!
Raspberry Pi 3 Starter Kit for JP 日本向け ラズベリーパイ3 スターターキット (化粧箱入り)
Raspberry Pi 3 Starter Kit for JP 日本向け ラズベリーパイ3 スターターキット (化粧箱入り)

ラズベリーパイでは最新のWindowsを使ってIoT開発を行うことが出来ます!
下記のマイクロソフト純正のPCだとタブレットとしても使えて処理も速く、最新のWindowsがキビキビ動きます!
ラズベリーパイと組み合わせて使うと、素早く最先端のIoT開発が行えます!!
マイクロソフト Surface Pro 4 CR3-00014 Windows10 Pro Core i5/8GB/256GB Office Premium Home & Business プラス Office 365 サービス 12.3型液晶タブレットPC
マイクロソフト Surface Pro 4 CR3-00014 Windows10 Pro Core i5/8GB/256GB Office Premium Home & Business プラス Office 365 サービス 12.3型液晶タブレットPC
ラズベリーパイでIoT開発を行うなら、書籍があると便利です!
書籍があると素早くIoT開発が行えます!
Raspberry Pi 3でつくる IoTプログラミング
Raspberry Pi 3でつくる IoTプログラミング
スポンサーリンク

最後まで記事をお読みいただきありがとうございます!