ラズベリーパイでphpを使ってみる – webアプリをかんたんにつくる –

cakephpという、webアプリケーションを簡単に作るための仕組み(フレームワーク)が使えます。

インストール

コマンド一つでOKです

sudo apt-get install cakephp

ログ

sudo apt-get install cakephp
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
以下の特別パッケージがインストールされます:
  cakephp-scripts php5
提案パッケージ:
  cakephp-instaweb
以下のパッケージが新たにインストールされます:
  cakephp cakephp-scripts php5
アップグレード: 0 個、新規インストール: 3 個、削除: 0 個、保留: 101 個。
1,021 kB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 7,984 kB のディスク容量が消費されます。
続行しますか [Y/n]?

使い方は「cakephp」で検索すると出てくるかと思います

ラズベリーパイでPHPプログラムを作るときに役立つかと思います

PHPが動くのが遅いなぁ…という場合は

ラズベリーパイのCPUを高速にすることはできませんが、高速なさくらのVPSを借りてそれにUbuntuをインストールすることで、ラズベリーパイとほぼ同じ手順で高速なサーバを構築することができます(^O^)

自分も使っていますが、CPUはラズベリーパイのおよそ10倍速いのでブログソフトWordpressもサクサク動いてとても快適です(・∀・)
ラズベリーパイでサーバ構築の練習をし、VPSで高速安定なサーバを構築するとCPUやメモリも自由に使え、勉強する時間も少なく安定したサーバが作れるためコスパが最高だと思います


それかメモリ1ギガで月490円のDTIのVPSだと、ラズベリーパイ+SDカード+電源そろえる5000円で10ヶ月はVPSが使えるので、wordpressを使ってブログの「運用」まで考えるならVPSの方がいいです。ラズベリーパイのCPUでwordpress、は作っただけの遊びレベルなので


おすすめアイテム!

この記事の内容はラズベリーパイを使うと実際に試すことができます!
記事を読むだけでなく「実際に自分の手を動かして体験してみる」ことがコンピュータに詳しくなる近道です!

2018年02月現在、ラズベリーパイ3が最新モデルです!

下記のスターターキットはラズパイを使うまでに必要なものが全て揃っています!
購入すればすぐにラズベリーパイを楽しむことができます!
Raspberry Pi 3 Starter Kit for JP 日本向け ラズベリーパイ3 スターターキット (化粧箱入り)
Raspberry Pi 3 Starter Kit for JP 日本向け ラズベリーパイ3 スターターキット (化粧箱入り)

ラズベリーパイでは最新のWindowsを使ってIoT開発を行うことが出来ます!
下記のマイクロソフト純正のPCだとタブレットとしても使えて処理も速く、最新のWindowsがキビキビ動きます!
ラズベリーパイと組み合わせて使うと、素早く最先端のIoT開発が行えます!!
マイクロソフト Surface Pro 4 CR3-00014 Windows10 Pro Core i5/8GB/256GB Office Premium Home & Business プラス Office 365 サービス 12.3型液晶タブレットPC
マイクロソフト Surface Pro 4 CR3-00014 Windows10 Pro Core i5/8GB/256GB Office Premium Home & Business プラス Office 365 サービス 12.3型液晶タブレットPC
ラズベリーパイでIoT開発を行うなら、書籍があると便利です!
書籍があると素早くIoT開発が行えます!
Raspberry Pi 3でつくる IoTプログラミング
Raspberry Pi 3でつくる IoTプログラミング
スポンサーリンク

最後まで記事をお読みいただきありがとうございます!