ラズベリーパイを使ってみる – 画像をコマンド一つで別の形式に変換する!(imagemagick,convert)-

imagemagickというツールを使うと簡単にできます

インストール

sudo apt-get install imagemagick

インストール時の様子

sudo apt-get install imagemagick
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
以下の特別パッケージがインストールされます:
  imagemagick-common libdjvulibre-text libdjvulibre21 libexiv2-12
  liblensfun-data liblensfun0 liblqr-1-0 libmagickcore5 libmagickcore5-extra
  libmagickwand5 libnetpbm10 libwmf0.2-7 netpbm ufraw-batch
提案パッケージ:
  imagemagick-doc autotrace enscript ffmpeg gimp gnuplot grads hp2xx html2ps
  libwmf-bin mplayer povray radiance sane-utils texlive-base-bin transfig
  exiv2 ufraw
以下のパッケージが新たにインストールされます:
  imagemagick imagemagick-common libdjvulibre-text libdjvulibre21 libexiv2-12
  liblensfun-data liblensfun0 liblqr-1-0 libmagickcore5 libmagickcore5-extra
  libmagickwand5 libnetpbm10 libwmf0.2-7 netpbm ufraw-batch
アップグレード: 0 個、新規インストール: 15 個、削除: 0 個、保留: 101 個。
6,622 kB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 17.0 MB のディスク容量が消費されます。
続行しますか [Y/n]?

上のソフトをインストールすると、コマンド一つでかんたんに画像を変換できるようになります

実行

たとえばhoge.jpgという画像をPNG形式にするときは

convert hoge.jpg hoge.png

でOKです。とてもシンプルですね!

おすすめアイテム!

この記事の内容はラズベリーパイを使うと実際に試すことができます!
記事を読むだけでなく「実際に自分の手を動かして体験してみる」ことがコンピュータに詳しくなる近道です!

2018年02月現在、ラズベリーパイ3が最新モデルです!

下記のスターターキットはラズパイを使うまでに必要なものが全て揃っています!
購入すればすぐにラズベリーパイを楽しむことができます!
Raspberry Pi 3 Starter Kit for JP 日本向け ラズベリーパイ3 スターターキット (化粧箱入り)
Raspberry Pi 3 Starter Kit for JP 日本向け ラズベリーパイ3 スターターキット (化粧箱入り)

ラズベリーパイでは最新のWindowsを使ってIoT開発を行うことが出来ます!
下記のマイクロソフト純正のPCだとタブレットとしても使えて処理も速く、最新のWindowsがキビキビ動きます!
ラズベリーパイと組み合わせて使うと、素早く最先端のIoT開発が行えます!!
マイクロソフト Surface Pro 4 CR3-00014 Windows10 Pro Core i5/8GB/256GB Office Premium Home & Business プラス Office 365 サービス 12.3型液晶タブレットPC
マイクロソフト Surface Pro 4 CR3-00014 Windows10 Pro Core i5/8GB/256GB Office Premium Home & Business プラス Office 365 サービス 12.3型液晶タブレットPC
ラズベリーパイでIoT開発を行うなら、書籍があると便利です!
書籍があると素早くIoT開発が行えます!
Raspberry Pi 3でつくる IoTプログラミング
Raspberry Pi 3でつくる IoTプログラミング
スポンサーリンク

最後まで記事をお読みいただきありがとうございます!