ラズベリーパイを使ってみる – 通常6万7000円する数式処理ソフト「Mathematica(マセマティカ)」を無料でインストールする –

Mathematica(マセマティカ)という、数式処理にとても強い理系御用達みたいなソフトです。普通は6万7000円ほどするソフトなんですが、ラズベリーパイ向けに無償で配布されるようになったみたいです。作った会社は太っ腹ですね!

インストール

コマンド1個でポンとインストールできます(∩´∀`)∩

sudo apt-get install wolfram-engine

インストール時のログ

sudo apt-get install wolfram-engine
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
以下のパッケージが新たにインストールされます:
  wolfram-engine
アップグレード: 0 個、新規インストール: 1 個、削除: 0 個、保留: 91 個。
207 MB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 429 MB のディスク容量が消費されます。
取得:1

途中で英語でライセンス確認画面が出るので、ライセンス条項を読んでから[YES]を押すとインストールできます。

6万7000円するソフトが無料で使える、というのはすごいですね!

数式処理、となるとマイクロソフトのWordでも数式エディタが使えますが、あれはべき乗を描くと乗数が行方不明になったりすることがあるので、マセマティカを使うほうがいいと思います。理系の文書で乗数が行方不明なのはちょっと、いやだいぶ恥ずかしいので^^;

おすすめアイテム!

この記事の内容はラズベリーパイを使うと実際に試すことができます!
記事を読むだけでなく「実際に自分の手を動かして体験してみる」ことがコンピュータに詳しくなる近道です!

2018年02月現在、ラズベリーパイ3が最新モデルです!

下記のスターターキットはラズパイを使うまでに必要なものが全て揃っています!
購入すればすぐにラズベリーパイを楽しむことができます!
Raspberry Pi 3 Starter Kit for JP 日本向け ラズベリーパイ3 スターターキット (化粧箱入り)
Raspberry Pi 3 Starter Kit for JP 日本向け ラズベリーパイ3 スターターキット (化粧箱入り)

ラズベリーパイでは最新のWindowsを使ってIoT開発を行うことが出来ます!
下記のマイクロソフト純正のPCだとタブレットとしても使えて処理も速く、最新のWindowsがキビキビ動きます!
ラズベリーパイと組み合わせて使うと、素早く最先端のIoT開発が行えます!!
マイクロソフト Surface Pro 4 CR3-00014 Windows10 Pro Core i5/8GB/256GB Office Premium Home & Business プラス Office 365 サービス 12.3型液晶タブレットPC
マイクロソフト Surface Pro 4 CR3-00014 Windows10 Pro Core i5/8GB/256GB Office Premium Home & Business プラス Office 365 サービス 12.3型液晶タブレットPC
ラズベリーパイでIoT開発を行うなら、書籍があると便利です!
書籍があると素早くIoT開発が行えます!
Raspberry Pi 3でつくる IoTプログラミング
Raspberry Pi 3でつくる IoTプログラミング
スポンサーリンク

最後まで記事をお読みいただきありがとうございます!