ラズベリーパイを使ってみる -2.起動-

とりあえず起動しないとPCじゃなくてただの板なので、起動まで頑張る(`・ω・´)

結論

Downloads | Raspberry PiにあるOSイメージのうち
Arch Linux ARM→起動せず
Raspbian “wheezy”→起動OK

使用したSDカード

1.あまっていたmicroSDカード(4G)にSDカードアダプタをつけたもの
2.あまっていたSDカード(8G)
書き込みは両方ともWin32DiskImagerで書き込み。Arch Linux ARMは両方とも起動せず。RaspbianはmicroSD(4G)にSDカードアダプタをつけたもので起動OK。ということはハード的には4GのSDカードがあればたぶん使える。

起動時の様子

arch Linux ARM→電源はOKだが、その後何も起こらない
Raspbian→電源OK、よく見るとその横の「OK」が点滅→その後起動

拡大写真とって見た

どうも
・「PWR」のランプ→電源が正しく給電されているかどうか。赤く点灯していれば、正常に給電
・「OK」のランプ→正常な起動時に緑色に点滅。SDカードを入れて電源を指し、OKランプが点滅していればSDカードから正しくbootされている。SDカードにアクセス時に点滅しているような?
・電源ON/OFFのボタンはない。電源端子に電源差し込む=起動。電源OFFのときはそのまま引っこ抜く? →下の$ sudo haltをしてからのほうが安全。
という感じ。

raspbian起動後「とりあえず起動したので今日はもう電源切ろう」と思ったときは、最初のメニュー終了後

$ sudo halt

でOKです。

そのまま

$ halt

とするとrootじゃないからhalt無理、と怒られます

$ su -

などとするとパスワード入れろ、といわれても良くわからないという。debianはたしかsuよりsudo推奨だったから、その辺の影響かなぁ。まあhaltできたからいいや。

2016年2月追記

電源を切る場合は

sudo halt

でOKだと思います。

以下のブログが参考になりました。ありがとうございます。
Raspberry Pi I2C How-To ガイド by @azarashi55 | GVC : Global Versatile Controller

おすすめアイテム!

この記事の内容はラズベリーパイを使うと実際に試すことができます!
記事を読むだけでなく「実際に自分の手を動かして体験してみる」ことがコンピュータに詳しくなる近道です!

2018年01月現在、ラズベリーパイ3が最新モデルです!

下記のスターターキットはラズパイを使うまでに必要なものが全て揃っています!
購入すればすぐにラズベリーパイを楽しむことができます!
Raspberry Pi 3 Starter Kit for JP 日本向け ラズベリーパイ3 スターターキット (化粧箱入り)
Raspberry Pi 3 Starter Kit for JP 日本向け ラズベリーパイ3 スターターキット (化粧箱入り)

ラズベリーパイ用のディスプレイもあります!
タッチ操作が可能です。実際に触れられるIoTシステムを作るのに悩む必要は、もうありません。

cocopar 4インチIPSハイビジョンLCD ディスプレイ タッチパネル タッチペン付

ラズベリーパイ公式のディスプレイもあります!
公式なので確実にラズベリーパイで使えます!!接続に無駄な時間を使う必要は、もうありません。

ラズベリーパイ 公式 7インチ タッチスクリーン ディスプレイ Raspberry Pi Official 7" Touch Screen LCD(フレーム無)

ラズベリーパイに対応したHDMIディスプレイもあります!車載IoTシステムを作るときに最適です。
Pumpkin【Raspberry Pi ラズベリーパイに適応】HDMI対応 10.1インチ 1024x600 1080P 高画質 TFT ヘッドレストモニター USB/SD/FM/IRトランスミッター