ラズベリーパイを使ってみる -2.起動-

スポンサーリンク

とりあえず起動しないとPCじゃなくてただの板なので、起動まで頑張る(`・ω・´)

結論

Downloads | Raspberry PiにあるOSイメージのうち
Arch Linux ARM→起動せず
Raspbian “wheezy”→起動OK

使用したSDカード

1.あまっていたmicroSDカード(4G)にSDカードアダプタをつけたもの
2.あまっていたSDカード(8G)
書き込みは両方ともWin32DiskImagerで書き込み。Arch Linux ARMは両方とも起動せず。RaspbianはmicroSD(4G)にSDカードアダプタをつけたもので起動OK。ということはハード的には4GのSDカードがあればたぶん使える。

起動時の様子

arch Linux ARM→電源はOKだが、その後何も起こらない
Raspbian→電源OK、よく見るとその横の「OK」が点滅→その後起動

拡大写真とって見た

どうも
・「PWR」のランプ→電源が正しく給電されているかどうか。赤く点灯していれば、正常に給電
・「OK」のランプ→正常な起動時に緑色に点滅。SDカードを入れて電源を指し、OKランプが点滅していればSDカードから正しくbootされている。SDカードにアクセス時に点滅しているような?
・電源ON/OFFのボタンはない。電源端子に電源差し込む=起動。電源OFFのときはそのまま引っこ抜く? →下の$ sudo haltをしてからのほうが安全。
という感じ。

raspbian起動後「とりあえず起動したので今日はもう電源切ろう」と思ったときは、最初のメニュー終了後

$ sudo halt

でOKです。

そのまま

$ halt

とするとrootじゃないからhalt無理、と怒られます

$ su -

などとするとパスワード入れろ、といわれても良くわからないという。debianはたしかsuよりsudo推奨だったから、その辺の影響かなぁ。まあhaltできたからいいや。

2016年2月追記

電源を切る場合は

sudo halt

でOKだと思います。

以下のブログが参考になりました。ありがとうございます。
Raspberry Pi I2C How-To ガイド by @azarashi55 | GVC : Global Versatile Controller

おすすめアイテム!

この記事の内容はラズベリーパイを使うと実際に試すことができます!
記事を読むだけでなく「実際に自分の手を動かして体験してみる」ことがコンピュータに詳しくなる近道です!

2018年10月現在、ラズベリーパイ3 モデルBプラスが日本で手に入るコスパが良い最新モデルです!
Raspberry Pi 3 Model B+ element14 スターターセット BASIC ラズベリーパイ3 モデルBプラスではUSB機器からラズベリーパイのOSを起動することができるようになりました。 下記のようなUSBポータブルHDDを使うと、ラズベリーパイで大容量の音楽プレイヤができます! マイクロSDで同じ容量のものを買うより安いのでおすすめです! https://www.amazon.co.jp/dp/B06X3VSKJ7/ref=as_li_ss_tl?_encoding=UTF8&psc=1&linkCode=ll1&tag=aza2limemo-22&linkId=25f18e2118942a9614514a6c0b0e535c

ラズベリーパイで最先端のアプリ開発やAI研究をしているけど動作が遅いなぁ…という場合は

ラズベリーパイは安価なPCとしては高速ですが、通常のデスクトップPCと比べると性能は劣ります。

ラズベリーパイで最先端のアプリ開発やAI研究をしたいと思ったなら、Ubuntuが動作するデスクトップパソコンがおすすめです! Ubuntuはラズベリーパイとほぼ同じように操作できます!
UbuntuがインストールされているPCはCPUが高速でメモリが多く、ストレージもSSDなのでストレスなくアプリ開発を行うことができます!
グラフィックボードも搭載されており、膨大な計算を必要とするAI研究も可能です!

ラズベリーパイでは数日かかるような膨大な計算も、短時間で終えることができます!

パワフルなPCを使用すると素早く最先端のアプリ開発が可能です。これはIT業界を志望する場合の強い武器になります!
Dell デスクトップパソコン XPSタワー Core i7プレミアムモデル 18Q46/Windows10/16GB/256GB SSD+2TB HDD/GTX1050Ti