ラズベリーパイを使ってみる -WEBカメラをつけてライブ配信-

スポンサーリンク

新しいraspberry piで試してみたらできた(∩´∀`)∩ワーイ

使用したWEBカメラ

LOGICOOL ウェブカム HD画質 120万画素 C270
LOGICOOL ウェブカム HD画質 120万画素 C270

カメラの認識

raspbianの古いもの(2012-07,2012-08ぐらい)だとモジュールを入れなければならないようですが、2012-10-28かそこらへんぐらいからraspbianにモジュールが同梱されたようです。Video4Linuxモジュールだと思います。自分はraspbian2012-10-28で試しましたが、USBポートに指すだけで認識しました。

差した時のdmesgはこんなかんじ

[    7.200474] Linux video capture interface: v2.00
[    7.421222] uvcvideo: Found UVC 1.00 device <unnamed> (046d:0825)
[    7.851013] input: UVC Camera (046d:0825) as /devices/platform/bcm2708_usb/usb1/1-1/1-1.2/1-1.2:1.0/input/input0
[    8.122480] usbcore: registered new interface driver uvcvideo
[    8.211494] USB Video Class driver (1.1.1)
[    9.673016] 4:3:1: cannot set freq 16000 to ep 0x86
[   10.673020] 4:3:2: cannot set freq 24000 to ep 0x86
[   11.673018] 4:3:3: cannot set freq 32000 to ep 0x86
[   12.673004] 4:3:4: cannot set freq 48000 to ep 0x86
[   12.690027] usbcore: registered new interface driver snd-usb-audio

電源

ただ、WEBカメラは電力を必要とするようで認識はしても使えないことがありました。
・電源が1A(ACアダプタ)→カメラは認識する(dmesgは上のように正常に出る)が、カメラをさしてしばらくすると有線LANポートが死ぬ。カメラを外しても有線LANは復活しない(´・ω・`)
・電源が1A(モバイルバッテリ)→カメラ、有線LANともに安定
モバイルバッテリはELECOMのこれ
ELECOM iPhone5/4S/4/3GS/3G/iPod対応 モバイルバッテリー リチウムイオン電池 4700mAh ホワイト DE-A01L-4710WH
ELECOM iPhone5/4S/4/3GS/3G/iPod対応 モバイルバッテリー リチウムイオン電池 4700mAh ホワイト DE-A01L-4710WH
という感じ。同じ1Aでもなにかが違うのかもしれませんが、動作が違うという。WEBカメラは電力を使うようなので、セルフパワーハブ経由でつなぐと確実かもしれない。

と、モバイルバッテリでもしばらくしたら有線LANが反応しなくなってました^^;2Aぐらいの電源か、USBハブ経由で電源をとったほうが良さそうです。

ソフトのインストール

ライブ配信用に、wwwサーバapacheをインストール

$ sudo apt-get install apache2

動画配信用に、mjpegstreamerをインストール

$ sudo apt-get install subversion libjpeg-dev imagemagick
$ svn co https://mjpg-streamer.svn.sourceforge.net/svnroot/mjpg-streamer mjpg-streamer
$ cd mjpg-streamer/mjpg-streamer
$ make

カメラ起動

./mjpg_streamer -i "./input_uvc.so -f 2 -r 320x240 -d /dev/video0 -y" -o "./output_http.so -w ./www -p 8080"

ブラウザからアクセス

http://<ラズベリーパイのIPアドレス>:8080

すると静止画でのキャプチャやライブ配信ができているみたいです。下の写真はWEBカメラ経由でディスプレイをとった時の写真。

メニューのStaticで静止画、Streamで動画ストリーム(ライブ配信)ができると思います。

WEBカメラさえあれば手軽にライブカメラにできるので、試してみるといいかも。

おすすめアイテム!

この記事の内容はラズベリーパイを使うと実際に試すことができます!
記事を読むだけでなく「実際に自分の手を動かして体験してみる」ことがコンピュータに詳しくなる近道です!

2020年08月現在、ラズベリーパイ4が日本で手に入るコスパが良いモデルです!
ラズベリーパイ4 コンピューターモデルB 4GB Raspberry Pi 4 Computer Model B

下記のスターターキットはラズパイを使うまでに必要なものが全て揃っています!
購入すればすぐにラズベリーパイを楽しむことができます!初めてラズベリーパイを買う場合におすすめです!!
Raspberry Pi 4B (4GB) Server エキスパートセット (Sandisk Ultra 128GB, Anker 3.6A電源, Digital USB Cablae, Cooling FAN Case.)

ラズベリーパイで最先端のアプリ開発やAI研究をしているけど動作が遅いなぁ…という場合は

ラズベリーパイは安価なPCとしては高速ですが、通常のデスクトップPCと比べると性能は劣ります。

ラズベリーパイで最先端のアプリ開発やAI研究をしたいと思ったなら、Ubuntuが動作するデスクトップパソコンがおすすめです! Ubuntuはラズベリーパイとほぼ同じように操作できます!
UbuntuがインストールされているPCはCPUが高速でメモリが多く、ストレージもSSDなのでストレスなくアプリ開発を行うことができます!
グラフィックボードも搭載されており、膨大な計算を必要とするAI研究も可能です!

ラズベリーパイでは数日かかるような膨大な計算も、短時間で終えることができます!

パワフルなPCを使用すると素早く最先端のアプリ開発が可能です。これはIT業界を志望する場合の強い武器になります!
Dell デスクトップパソコン XPSタワー Core i7プレミアムモデル 18Q46/Windows10/16GB/256GB SSD+2TB HDD/GTX1050Ti