ラズベリーパイを使ってみる – 5分でメールを送信できるようにする! –

ラズベリーパイからメールを送信したいよー><となった場合、普通にやるとメールサーバのsendmailやpostfixを構築する必要がありますが、これはサーバ構築に慣れてる自分でも「超めんどくさい」レベルのサーバです。

なので「ラズベリーパイから別のメールアドレスにぱぱっとメールだけ送信できる仕組みはないかなぁ?」と探していたらssmtpというソフトを使うとぱぱっと送信できたのでそのやり方をメモ。

必要なもの

・メールアカウント
 gmailのアカウントがあれば可能です。今回はgmailのアカウントを使ってメール送信する方法を紹介します
gmailのアカウントがない場合はhttp://google.com/accounts/から作れると思います。

1.インストール

まずはメール送信がぱぱっとできるssmtpをインストールします。コマンドは以下の通り

sudo apt-get install ssmtp

実行時のログはこんなかんじです

pi@raspberry~ $ sudo apt-get install ssmtp
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています                
状態情報を読み取っています... 完了
以下の特別パッケージがインストールされます:
  libgnutls-openssl27 libgnutls26
以下のパッケージが新たにインストールされます:
  libgnutls-openssl27 ssmtp
以下のパッケージはアップグレードされます:
  libgnutls26
アップグレード: 1 個、新規インストール: 2 個、削除: 0 個、保留: 311 個。
873 kB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 281 kB のディスク容量が消費されます。
続行しますか [Y/n]? Y
取得:1 http://mirrordirector.raspbian.org/raspbian/ wheezy/main libgnutls26 armhf 2.12.20-7 [601 kB]
取得:2 http://mirrordirector.raspbian.org/raspbian/ wheezy/main libgnutls-openssl27 armhf 2.12.20-7 [217 kB]
取得:3 http://mirrordirector.raspbian.org/raspbian/ wheezy/main ssmtp armhf 2.64-7 [55.1 kB]
873 kB を 1秒 で取得しました (464 kB/s)
パッケージを事前設定しています ...
(データベースを読み込んでいます ... 現在 83640 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
libgnutls26:armhf 2.12.20-2 を (.../libgnutls26_2.12.20-7_armhf.deb で) 置換するための準備をしています ...
libgnutls26:armhf を展開し、置換しています...
以前に未選択のパッケージ libgnutls-openssl27:armhf を選択しています。
(.../libgnutls-openssl27_2.12.20-7_armhf.deb から) libgnutls-openssl27:armhf を展開しています...
以前に未選択のパッケージ ssmtp を選択しています。
(.../ssmtp_2.64-7_armhf.deb から) ssmtp を展開しています...
man-db のトリガを処理しています ...
libgnutls26:armhf (2.12.20-7) を設定しています ...
libgnutls-openssl27:armhf (2.12.20-7) を設定しています ...
ssmtp (2.64-7) を設定しています ...

設定

ssmtpの設定ファイルは/etc/ssmtp/ssmtp.confにあるので、それを設定します

sudo vi /etc/ssmtp/ssmtp.conf

設定ファイルを以下の内容で作成します。最初から少し書いてありますが、全部消して下のをコピペすると早いです

mailhub=smtp.gmail.com:587
AuthUser=[gmailのメールアドレス]
AuthPass=[gmailのパスワード]
AuthMethod=LOGIN
UseSTARTTLS=YES
UseTLS=Yes

[gmailのメールアドレス]、[gmailのパスワード]の部分は自分のものを入力してください

メールの送信

1.以下の方法でテキストファイルを作成します

cd
vi testmail.txt

テキストファイルの内容

From:[gmailのメールアドレス]
to:[送信先のメールアドレス]
Subject:Test

Mail Test

[gmailのメールアドレス]、[送信先のメールアドレス]の部分は自分のものを入力してください

2.ssmtpを使用して、メールを送信します。以下のコマンドでメールを送信します

sendmail -t > testmail.txt

3.ちょっと待ってから、送信先のメールアドレスを確認してみます。こんなメールが届いていれば成功です
20130911_07:00:40_001

メールの内容を変更したい場合は、さっき作った「testmail.txt」の「Mail test」の部分を別のものに変えるとOKです。

ラズベリーパイの場合はwebカメラを接続できるので、たとえば「webカメラの画像を、定期的に自分専用のメールアドレスに送信する」ような感じのちょっとした防犯システムっぽいものもssmtpを使えば手軽に出来そうな気がします。

メールサーバの構築を自力でするのは難しいので、ssmtpで手軽にできるのはいいですね(∩´∀`)∩

スポンサーリンク
最後まで記事をお読みいただきありがとうございます! よろしければシェアしていただけますと幸いです!

フォローする

おすすめアイテム!

この記事の内容はラズベリーパイを使うと実際に試すことができます!
記事を読むだけでなく「実際に自分の手を動かして体験してみる」ことがコンピュータに詳しくなる近道です!

2017年07月現在、ラズベリーパイ3が最新モデルです!

下記のスターターキットはラズパイを使うまでに必要なものが全て揃っています!
購入すればすぐにラズベリーパイを楽しむことができます!
Raspberry Pi 3 Starter Kit for JP 日本向け ラズベリーパイ3 スターターキット (化粧箱入り)
Raspberry Pi 3 Starter Kit for JP 日本向け ラズベリーパイ3 スターターキット (化粧箱入り)

ラズベリーパイでは最新のWindowsを使ってIoT開発を行うことが出来ます!
下記のマイクロソフト純正のPCだとタブレットとしても使えて処理も速く、最新のWindowsがキビキビ動きます!
ラズベリーパイと組み合わせて使うと、素早く最先端のIoT開発が行えます!!
マイクロソフト Surface Pro 4 CR3-00014 Windows10 Pro Core i5/8GB/256GB Office Premium Home & Business プラス Office 365 サービス 12.3型液晶タブレットPC
マイクロソフト Surface Pro 4 CR3-00014 Windows10 Pro Core i5/8GB/256GB Office Premium Home & Business プラス Office 365 サービス 12.3型液晶タブレットPC
ラズベリーパイでIoT開発を行うなら、書籍があると便利です!
書籍があると素早くIoT開発が行えます!
Raspberry Pi 3でつくる IoTプログラミング
Raspberry Pi 3でつくる IoTプログラミング

コメント

  1. さいてんたいせい より:

    motionで画像を検知したらメールを自動送信するにはどう設定すればいいですか

    • TAKE より:

      さいてんたいせいさん、こんにちわ!
      motionはあまり使ったことがないので、詳しい設定の方法はわからなかったりします。
      お力になれず、すいません

  2. さいてんたいせい より:

    すみません 僕が聞いていたのはどうやって自動化するかです
    分かりにくくてすみません

    • TAKE より:

      自動化、というと「motionで動体検知した時にメールを送信することを自動化したい」ということでOKですか?
      その場合、たぶんですがmotionの設定ファイルに「動体検知した時に何かをする」ような項目があるのではないかと思います。
      motionや動体検知はしたことがないので、あまりわからなかったりします。