【作ってみた】電子書籍「ビーグルボーンブラック+Ubuntu12.04でラズベリーパイより高速で使いやすいPCをつくる!」

スポンサーリンク

2014/1/27

DLmarketにも登録しました、内容は同じです
https://www.dlmarket.jp/products/detail.php?product_id=249459
できれば↓のboothで買っていただけるとありがたいです>< 消費税分安いし

とりあえずboothに登録しました
https://limtake.booth.pm/

ビーグルボーンブラックはラズベリーパイよりCPUが高速ですが、日本語の情報が少ない上に標準OSのÅngstrom Linux(オングストローム リナクス)の情報がほぼないため、かなり使いにくいです。
ですがOSをUbuntuにし、日本向けの設定をするとPCのUbuntuとほぼ変わらなくなるため、とても使いやすくなります。サーバとしてはラズベリーパイより優秀です。

書籍ではOSをUbuntuにし、日本向けの設定をするまでの部分を中心に書いてみました。

目次はこんな感じです
index

興味がある方は読んでみてもらえると嬉しいです><

というかビーグルボーンブラック+Ubuntu12.04のmicroSDカードのroot領域拡張(ラズベリーパイでいうところのexpand_rootfs)って意外と手順が多かった。raspi-config移植してbbb-config作れないこともないけど。
ただ、今ビーグルボーンブラック使っているから、開発用のがもう1台ないときつい。

ビーグルボーンブラックの開発元さん、1台開発用に貸してくれるとありがたいです><
raspi-configはbash+whiptailだから開発環境があれば解析して1ヶ月で移植できると思う

スポンサーリンク

最後まで記事をお読みいただきありがとうございます!