ラズベリーパイを使ってみる – ウィルス対策をする –

clamAVというアンチウィルスソフトが使用できます。

ラズベリーパイでプログラムを実行するための、最初の準備!

最初に、ラズベリーパイを起動します。すると以下のような画面になります。

次に、画面の上の方にある黒い「>_」のようなアイコンをクリックします。
すると、以下のような黒い画面が表示されます。

そこにプログラムを入力し「ENTER」キーを押すと、プログラムが実行されます!

インストール

以下のコマンドをラズベリーパイで実行すると、アンチウィルスソフトがインストールできます。費用はかかりません。

sudo apt-get install clamAV

インストール時のログ

sudo apt-get install clamAV
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
以下の特別パッケージがインストールされます:
  clamav-base clamav-freshclam libclamav6 libtommath0
提案パッケージ:
  clamav-docs libclamunrar6
以下のパッケージが新たにインストールされます:
  clamav clamav-base clamav-freshclam libclamav6 libtommath0
アップグレード: 0 個、新規インストール: 5 個、削除: 0 個、保留: 101 個。
1,765 kB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 3,151 kB のディスク容量が消費されます。
続行しますか [Y/n]?

使い方は、検索すると出てくるかと思います

ラズベリーパイを使っていても、ウィルスに侵される可能性はゼロではありません。

ウィルス対策は、コンピュータウイルスに侵されたり、ランサムウェアによって大切な写真が表示されなくなってからでは手遅れです。

そうなる前にしっかりとアンチウィルスソフトを入れることをおすすめします。事前の対策が大切です。

スポンサーリンク

最後まで記事をお読みいただきありがとうございます!

おすすめアイテム!

この記事の内容はラズベリーパイを使うと実際に試すことができます!
記事を読むだけでなく「実際に自分の手を動かして体験してみる」ことがコンピュータに詳しくなる近道です!

2017年12月現在、ラズベリーパイ3が最新モデルです!

下記のスターターキットはラズパイを使うまでに必要なものが全て揃っています!
購入すればすぐにラズベリーパイを楽しむことができます!
Raspberry Pi 3 Starter Kit for JP 日本向け ラズベリーパイ3 スターターキット (化粧箱入り)
Raspberry Pi 3 Starter Kit for JP 日本向け ラズベリーパイ3 スターターキット (化粧箱入り)

ラズベリーパイ用のディスプレイもあります!
タッチ操作が可能です。実際に触れられるIoTシステムを作るのに悩む必要は、もうありません。

cocopar 4インチIPSハイビジョンLCD ディスプレイ タッチパネル タッチペン付

ラズベリーパイ公式のディスプレイもあります!
公式なので確実にラズベリーパイで使えます!!接続に無駄な時間を使う必要は、もうありません。

ラズベリーパイ 公式 7インチ タッチスクリーン ディスプレイ Raspberry Pi Official 7" Touch Screen LCD(フレーム無)

ラズベリーパイに対応したHDMIディスプレイもあります!車載IoTシステムを作るときに最適です。
Pumpkin【Raspberry Pi ラズベリーパイに適応】HDMI対応 10.1インチ 1024x600 1080P 高画質 TFT ヘッドレストモニター USB/SD/FM/IRトランスミッター