ラズベリーパイを使ってみる – pi-web-agentを入れてみる –

wwwブラウザからラズベリーパイの電源を切ったりできるようになるソフトっぽいです。
なんだか面白そうなのでインストールしてみました

公式ページはここっぽいです
https://github.com/vaslabs/pi-web-agent

1.Pi Storeからインストール

ラズベリーパイを起動→startxでGUI起動→PiStore起動→「pi-web-agent」で検索するとインストールできるっぽかったですが、やった時はPiStoreの認証?サーバが落ちているらしくダメでした(´・ω・`) せっかく登録したのに><
ラズベリーパイの場所を登録するものとかもたまに落ちているので、慣れた。

仕方ないのでgitからインストールしました

2.gitからインストール

たぶんこんなかんじでインストールできます.

# prepare pi-web-agent
sudo apt-get update
sudo apt-get install git
sudo apt-get install apache2 libapache2-mod-dnssd tightvncserver

# Download pi-web-agent
git clone https://github.com/vaslabs/pi-web-agent

# Install
cd pi-web-agent/
sudo ./setup.sh install
sudo service pi-web-agent start

インストール後ラズベリーパイでGUIを起動し、ブラウザ(midori)を起動してから

http://127.0.0.1:8004

にアクセスし、ユーザ名とパスワード(デフォルトはadmin:admin)と入力するとこんなかんじで使えます
2

中身見たら相当器用なことやってるなーこれ。
・rootでapache起動して
・pythonのsubprocessでbashコマンド叩いて
・pythonからHTML出力してWEBブラウザで表示してる
気がする。Jinja2とかのテンプレートエンジンでHTMLとデータ分けたらカスタマイズがかんたんになりそうな気もするけど。

firewall configurationとか、wwwブラウザからやろうとするとroot権限必要で死にかけることをやろうとしてるのがわりとすごい。iptableを直にいじるのはむずかしいから、ufw入れて設定できるようにするといいんじゃないかな、と

前作ってたやつの完成形に近いような。前作った↓は機能がハリボテ^^;
3

とりあえず日本語に訳しつつメモしながら中身見てみようっと。改良できるならデザインよくしたり機能追加したいなー
pi-web-agent [Linux/ガジェットwiki]

おすすめアイテム!

この記事の内容はラズベリーパイを使うと実際に試すことができます!
記事を読むだけでなく「実際に自分の手を動かして体験してみる」ことがコンピュータに詳しくなる近道です!

2018年06月現在、ラズベリーパイ3Bプラスがが日本で手に入る、コスパが良い最新モデルです!

下記のスターターキットはラズパイを使うまでに必要なものが全て揃っています!
購入すればすぐにラズベリーパイを楽しむことができます!
Raspberry Pi 3 Model B+ element14 スターターセット BASIC

ラズベリーパイで最先端のアプリ開発やAI研究をしているけど動作が遅いなぁ…という場合は

ラズベリーパイは安価なPCとしては高速ですが、通常のデスクトップPCと比べると性能は劣ります。

ラズベリーパイで最先端のアプリ開発やAI研究をしたいと思ったなら、Ubuntuが動作するデスクトップパソコンがおすすめです! Ubuntuはラズベリーパイとほぼ同じように操作できます!
UbuntuがインストールされているPCはCPUが高速でメモリが多く、ストレージもSSDなのでストレスなくアプリ開発を行うことができます!
グラフィックボードも搭載されており、膨大な計算を必要とするAI研究も可能です!

ラズベリーパイでは数日かかるような計算も、短時間で終えることができます!

パワフルなPCを使用すると素早く最先端のアプリ開発ができ、IT業界を志望する場合の強い武器にもなります!
Dell デスクトップパソコン XPSタワー Core i7プレミアムモデル 18Q46/Windows10/16GB/256GB SSD+2TB HDD/GTX1050Ti
スポンサーリンク

最後まで記事をお読みいただきありがとうございます!