Ubuntu14.04を使ってみる – 電子工作用の開発ボード「arduino」で開発するための環境を作る –

スポンサーリンク

コマンド一つで簡単にできます

インストール

sudo apt-get install arduino

インストール時の様子

sudo apt-get install arduino
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています                
状態情報を読み取っています... 完了
以下の特別パッケージがインストールされます:
  arduino-core avr-libc avrdude binutils-avr ca-certificates-java default-jre
  default-jre-headless extra-xdg-menus fonts-dejavu-extra gcc-avr
  icedtea-7-jre-jamvm java-common libatk-wrapper-java libatk-wrapper-java-jni
  libbonobo2-0 libbonobo2-common libftdi1 libgconf2-4 libgif4 libgnome2-0
  libgnome2-bin libgnome2-common libgnomevfs2-0 libgnomevfs2-common
  libidl-common libidl0 libjna-java liborbit-2-0 liborbit2 librxtx-java
  openjdk-7-jre openjdk-7-jre-headless tzdata tzdata-java
提案パッケージ:
  arduino-mk avrdude-doc task-c-devel gcc-doc gcc-4.2 equivs libbonobo2-bin
  desktop-base libgnomevfs2-bin libgnomevfs2-extra gamin fam gnome-mime-data
  libjna-java-doc icedtea-7-plugin sun-java6-fonts fonts-ipafont-gothic
  fonts-ipafont-mincho ttf-wqy-microhei ttf-wqy-zenhei ttf-telugu-fonts
  ttf-oriya-fonts ttf-kannada-fonts ttf-bengali-fonts
以下のパッケージが新たにインストールされます:
  arduino arduino-core avr-libc avrdude binutils-avr ca-certificates-java
  default-jre default-jre-headless extra-xdg-menus fonts-dejavu-extra gcc-avr
  icedtea-7-jre-jamvm java-common libatk-wrapper-java libatk-wrapper-java-jni
  libbonobo2-0 libbonobo2-common libftdi1 libgconf2-4 libgif4 libgnome2-0
  libgnome2-bin libgnome2-common libgnomevfs2-0 libgnomevfs2-common
  libidl-common libidl0 libjna-java liborbit-2-0 liborbit2 librxtx-java
  openjdk-7-jre openjdk-7-jre-headless tzdata-java
以下のパッケージはアップグレードされます:
  tzdata
アップグレード: 1 個、新規インストール: 34 個、削除: 0 個、保留: 205 個。
61.1 MB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 185 MB のディスク容量が消費されます。
続行しますか? [Y/n] 

起動

arduino

というコマンドを実行すると、arduino用の開発環境(VisualStudioのようなもの)が起動します。
コマンド一つでかんたんにインストールできていいですね(^o^)

ECS LIVAにUbuntu14.04を入れて、消費電力3Wという超省エネ+手のひらサイズのUbuntuマシンを作るのもいいかも(^o^)