NTT-Xで富士通の安サバ「TX100S3」が入荷するみたいです

スポンサーリンク

というか今使っているPCという.



本体価格19800円の安サバ

あとこれにメモリをつければ動きます。超小型のECS LIVAとくらべてさすがに大きいしファンもありますが、ファンはそんなにうるさくはないです。自分は低音が気になるので、常時稼働はさせてないです

メモリがECCのみ

なので、自分が買った時よりだいぶ高いです。前は8Gで5500円ぐらいでしたが、今は8G(4G×2)で12000円ぐらいすると思う

LANがintel製ギガイーサ2ポート

サーバの命綱が2つあるので、ファイアウォール設定も楽ちん+定番のintel LANです

デスクトップPCとして使う場合は、グラボやサウンドカードの増設が必要

標準でサウンドなし、グラフィック能力はあるけどVGAのみという「サーバで音楽なんてきかないだろ」「動画も見ないだろ」という割りきりっぷり

静か目でCPUが必要なサーバが必要な人向け

ECS LIVAはUNIXベンチスコアが600程度ですが,TX100S3は2200程度出るのでだいぶ速いです。それでも最新のCore i7などと比べると遅いですが、サーバとしては速い部類に入ります
Linuxブログ : 富士通のtx100S3を使ってみる -性能:UnixBench-
自分のはPentium G620の旧型なので、今度入荷するG640はもうちょっと速いかと思います

ケースが開けやすいのとHDDの交換がしやすい

サーバ管理者がケース開けてHDD交換するときに驚くほどのメンテナンス性。HDD交換にドライバいらずでネジも使っていないという。SSDぶっ壊れた時に交換しやすかったです

発売が少し前ですが、そのぶん情報が多くて枯れているサーバ機なので「CPUパワーが必要な自宅サーバや業務用サーバ」としていいのではないでしょうか(^o^)


スポンサーリンク

最後まで記事をお読みいただきありがとうございます!