10年間使えるCentOS 7を使ってみる – Windowsからかんたんにファイルをコピーする –

スポンサーリンク

試したのはCentOS 7.1(1503)です。

CentOS 7での操作方法

CentOS 7では、インストール直後から利用できるようになっているようです

Windows側での操作方法

書籍にて解説しておりますので、よろしければご覧くださいませ。
CentOS 7はサポート期限が2024年6月30日までととても長いので、変化が速いIT業界に振り回されずに長い間役立つ「ほんとうの意味での知識」を身につけることが出来るかと思います( ・`ω・´)

WindowsとLinuxを連携させ、かんたんにグラフィカルなアプリを開発する!

CentOS7の勉強を効率的にする!

実際のマシンにCentOS 7をインストールすることはできますが、インストール用のPCを用意したり、実際にインストールするという手間がとてもかかります。

それに対して、VPSという仮想的なマシンにインストールすると
・CentOS 7で開発したものをすぐに公開することが出来る
・勉強中で、よくわからなくなってもすぐにCentOS7をインストールしたばかりの状態に戻すことができる
・手間を掛けずに、CentOS 7をずっと起動しておくことが出来る
・CentOS 7をずっとおいていると騒音や電気代が気になるけど、そういうストレスなしで使える
と、特に「サーバ構築の勉強をする」ときの利点がとても多いので、VPSがおすすめです( ・`ω・´)

中でもさくらのVPSは利用者が多く、情報も多いので何かトラブルがあっても解決しやすいと思います


スポンサーリンク

最後まで記事をお読みいただきありがとうございます!