ラズベリーパイを使ってみる – コマンドを実行するときだけ管理者になる!(sudo) – –

スポンサーリンク


・2016年5月追記
bash on Ubuntu on Windows10でも動作確認しました!

・2016年3月追記
Ubuntu14.04,Ubuntu16.04,ラズベリーパイ(初代)でも動作確認しました!

ラズベリーパイ2にて動作確認済です!ラズベリーパイ2のOSはRaspbian-jessieです。

コマンド

以下のコマンドを実行すると、ラズベリーパイで実際に動かすことが可能です!

sudo whoami

実行時の様子

上記のコマンドを実行すると、ラズベリーパイで以下のように動作します!

pi@raspberrypi:~ $ sudo whoami
root

解説

sudoコマンドは、ラズベリーパイ2で一時的に管理者になるためのコマンドです。ソフトウェアをインストールしたり、管理者権限が必要なコマンドを実行するときによく使います。

上記の例だとwhoamiというコマンドを管理者権限で実行しています。whoamiというコマンドは、実行しているユーザの名前を表示するコマンドです。sudoと同時に使用することで、コマンドを実行しているユーザがroot(管理者)である、と表示されています。

ラズベリーパイでとても良く使うコマンドなので、覚えておくと良いかと思います!