Windows10への無償アップグレードは7月29日まで!その日に慌てないために知っておくべきこと4つ

スポンサーリンク

2番目の記事です。前の記事は

Windows10への無償アップグレードは7月29日まで!アップグレードする前に確認すべきこと -1.PCやソフトの確認と準備 –

メーカー製のパソコンの場合、Windows10へのバージョンアップに対応しているか数年前のパソコンの場合、Windows10にアップグレードをするとドライバなどの関係で動作しない周辺機器が出てくる可能性があります。使っているメーカーのホーム

をどうぞ!メーカー製パソコンやノートパソコンについての注意点をまとめています!

とりあえず10にアップグレードしても、30日間は7や8.1に戻せる

Windows 7 または Windows 8.1 に戻す

対象製品/分野: Windows 10

Windows 10 にアップグレードしてから 1 か月未満の場合、以前のバージョンの Windows に戻すことができます。そのためには、 [設定] > [更新とセキュリティ] > [回復] を選び、 [Windows 7 に戻す] または [Windows 8.1 に戻す] を選びます。 これによって個人用ファイルに影響はありませんが、Windows 10 へのアップグレード後にインストールしたアプリは削除されます。 詳細情報。

1 か月以上の場合、このオプションは [設定] では利用できず、 別の回復オプションを使う必要があります。

マイクロソフト公式より
Windows 7 または Windows 8.1 に戻す – Windows ヘルプ –

Windows10のインストール用のDVDイメージが配布+7や8.1のプロダクトキーも利用可能

最初のころ(2015年10月ごろまで?)はWindows10のインストール用のイメージがあったのですが、それで7や8.1のプロダクトキーは利用できませんでした。

それが最近は利用できるようになったので、7や8.1から無償アップグレードをする場合でも使えます!

また、7や8.1からのアップグレードだとWindows10が不安定になることもありますが、イメージを使用すると新規インストールが可能になります!新規インストールのほうが動作が安定することが多いので、おすすめです!

Windows10のイメージのダウンロードは、以下のマイクロソフト公式ページからどうぞ!
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

イメージをDVD-RやUSBメモリに書き込むと、それからWindows10がインストールできるようになります!

7月29日以降、7や8.1から10へのバージョンアップ版が出るかは不明

7月29日以降は、完全有償になることは決まっているようです。バージョンアップ版が出ないとなると、Windows10にする場合は新規ライセンスが必要になり、多くのコストがかかることが予想されます。

7月29日以降のWindows10の価格は不明

Windows 10無償アップグレードが終了したあとに、Windows 10を導入するにはどうするか。

現時点では、Windows 7やWindows 8.1からWindows 10へのアップグレード、またはWindows 10の新規インストールとも、Windows 10 Home / Proのフルパッケージ版を購入することになる。参考までに、日本のマイクロソフト ストアでの税込価格は、Windows 10 Homeが19,008円、Windows 10 Proが27,864円だ。

Windows 10無償アップグレード終了後、日本語版の価格は? | マイナビニュースより

だいぶ高くなりそうです。

期限が近づくと混雑しそうなので、いまのうちにアップグレードしておくのがいいのではないかと思います!

10へのアップグレードが難しい場合は、7を買っておくといいかも!

2020年までは安定して使えるので安心です!
ショップによっては偽物が来ることもあるようなので、安心安全のNTT-Xストアがおすすめです!
価格が15980円ですが、Windows7Pro はWindows10 Proに無償アップグレード可能です!
Windows10 proを新規で買うより12000円ぐらい安くなると思います!

スポンサーリンク

最後まで記事をお読みいただきありがとうございます!