【2016年版】ラズパイでNASを作るよりコストも時間もかからない!つなぐだけで使えるおすすめのNAS3つ!!

ラズパイでNASを作るときにめんどくさいこと

標準ストレージがマイクロSDのため、容量当たりのコストが高い

マイクロSDは128ギガで4780円です。

一方3.5インチHDDは2Tテラで6080円と、容量あたりのコストが高いです・

1ギガ当たりのコストを計算すると
マイクロSD 4780(円)/128(ギガ)=37.34円/ギガ
3.5インチHDD 6080(円)/2000(ギガ)=3円/ギガ

と、およそ12.5倍のコスト差があります!

LANが遅い

CPUがいくら早くなっても、ネットワークが遅いとNASとしての性能は下がります

NASとして使うだけでもSambaの設定ファイルの理解が必要になる

バージョンアップすると変わることが多いので、また設定が必要になります。

別のHDDにバックアップをする場合、Linuxコマンドの理解が必要になる

できないことはないですが、難しいです。

と、時間や設定の手間をコストと考えるとラズベリーパイでNASを作るのはコスパの良い選択ではないかと思います。

刺すだけで使える!シンプルでおすすめのNAS

【15000円】I-O DATA ネットワーク接続ハードディスク(NAS) 2.0TB LAN接続 ミレニアム群青 HDL-T2NV

ハードディスク2TBのNASです。15000円ぐらい

【15000円】BUFFALO リンクステーション 210シリーズ ネットワーク対応HDD(NAS) 2TB LS210D0201N

ハードディスク2TBのNASです。15000円ぐらい

【本体のみ2万円】設定は手間がかかるけど、HDD4台で超堅牢なNASが作れるNETGEAR 104

ハードディスクは最初はついていませんが、最大4台搭載できるNASです。本体のみで2万円です。

上記のどのNASも、ラズパイで同じ容量のNASを作るとそれ以上のコストがかかるのでおすすめ!

仮にラズパイで2TBのNASを作る場合、最低限以下のものが必要になります。

本体 6000円

電源 2000円

起動用マイクロSD 1000円

USB2.0接続ハードディスク 2TB 9480円


ラズパイのNASを起動するまでの小計【18480円】(ただし設定にかかる時間を除く)

と、ハードウェア代だけで一番安い2テラのNASの値段を超えています…。そのうえさらに
・Linuxでの設定になるので基本英語のみ
・バージョンが上がったらまた設定しなおし
・不具合があってもすべて自力で解決する必要がある
と、設定する時間をコストと考えると「ラズパイでNASを作るのは決して安価とはいえない」選択です。

勉強用にはいいですが、実際に道具として毎日使う上での「性能」「安定性」「コスパ」を求めるなら、ラズパイでNASを無理に作るよりは専用の機器を買うことをお勧めします!

おすすめアイテム!

この記事の内容はラズベリーパイを使うと実際に試すことができます!
記事を読むだけでなく「実際に自分の手を動かして体験してみる」ことがコンピュータに詳しくなる近道です!

2018年05月現在、ラズベリーパイ3が日本で手に入りやすくコスパが良いモデルです!

下記のスターターキットはラズパイを使うまでに必要なものが全て揃っています!
購入すればすぐにラズベリーパイを楽しむことができます!
Raspberry Pi 3 Starter Kit for JP 日本向け ラズベリーパイ3 スターターキット (化粧箱入り)
Raspberry Pi 3 Starter Kit for JP 日本向け ラズベリーパイ3 スターターキット (化粧箱入り)

ラズベリーパイで最先端のアプリ開発やAI研究をしているけど動作が遅いなぁ…という場合は

ラズベリーパイは安価なPCとしては高速ですが、通常のデスクトップPCと比べると性能は劣ります。

ラズベリーパイで最先端のアプリ開発やAI研究をする場合、Ubuntuが動作するデスクトップパソコンがおすすめです!
CPUが高速でメモリが多く、ストレージもSSDなのでストレスなくアプリ開発を行うことができます!
グラフィックボードも搭載されており、膨大な計算を必要とするAI研究も可能です!

ラズベリーパイでは数日かかるような計算も、短時間で終えることができます!

パワフルなPCを使用するとライバルより素早く最先端のアプリ開発ができ、IT業界を志望する場合の強い武器にもなります!
Dell デスクトップパソコン XPSタワー Core i7プレミアムモデル 18Q46/Windows10/16GB/256GB SSD+2TB HDD/GTX1050Ti
スポンサーリンク

最後まで記事をお読みいただきありがとうございます!