【2017年3月版,IoT】ラズベリーパイ、ビーグルボーン、ArduinoなどのIoT用パソコンをまとめて比較してみました【電子工作】

IoT向けPCの標準、ラズベリーパイ

デスクトップ用途、自宅サーバ、電子工作などの全ての用途に使うことができます。日本では「ラズパイ」と呼ばれることが多いです。
迷ったらこれを買っておけばいいかと思います!

2017年3月ではラズベリーパイ3が最新型です!ラズベリーパイ3は前モデルよりCPUが速くなり、無線が標準装備になりました!

ラズベリーパイ3の特徴

・利用者が多い!わからないことがあってもWEBで検索すると、たいていすぐに解決する
・利用者が多いので、書籍も多い!書籍があるとゼロから体系的に学ぶことができます!
 そのため、初心者にもやさしいハードウェアです!
・ラズベリーパイ向けのWindows10が動作する!
・ラズベリーパイ向けのウブンツが動作する!

ラズベリーパイ3のCPU性能

ラズベリーパイ1(初代)のCPUはコアが1つでクロック数が700Mhzでした。
ベンチマークのスコアは73ぐらいでした。

Raspberry Pi(ラズベリーパイ)を使ってみる -4.性能 unixbench-

raspberry piの性能はどれくらいのものか調べてみよう、と思ってUnixbenchを走らせてみた。

ラズベリーパイ3ではコアが4つでクロック数も上昇した結果、初代の6倍程度ととても高速です!!

ラズベリーパイ3が日本で買える店

日本ではAmazonで購入可能です!ケース付きだとラズベリーパイをほこりや水から保護できます!ラズベリーパイはCPUなどがむき出しで水が少しでもかかると壊れる可能性があるため、ケース付きのものがおすすめです!




Raspberry Pi3 Model B ボード&ケースセット (Element14版, Clear)-Physical Computing Lab

ラズベリーパイゼロ/ラズベリーパイゼロW

日本では品薄状態が続いていたラズベリーパイゼロですが、2017年3月では日本の代理店で販売されるようになり、買いやすくなりました。
送料込みでだいたい1500円ぐらいで買えます。
https://raspberry-pi.ksyic.com/

ラズベリーパイゼロWは、ラズベリーパイゼロに無線機能を搭載したものです。2017年3月時点ではまだ日本で販売されていません。2017年4月に日本で販売予定です。
本体が1296円で販売予定です。

ビーグルボーンブラック

ラズベリーパイ3と同じような、開発用のカードサイズPCです。

特徴

・最初からディスクがあり、OSはLinux(Debian)が動作する
・GPIOやUSBも使える
・利用者がやや少なめ(日本で品薄のため買えない時期があったため)

ラズベリーパイ3と価格があまり変わらないため、どちらかというとラズベリーパイのほうがおすすめです!

ビーグルボーンブラックが日本で買える店

日本ではAmazonなどの店で購入可能です!

ビーグルボーン グリーン

性能は「ビーグルボーンブラック」と同じで色が緑になり、値段が少し安くなったモデルです。

ビーグルボーン グリーンが日本で買える店

日本では秋月電子通商から購入することができます!
BeagleBone Green: マイコン関連 秋月電子通商 電子部品 ネット通販

電子工作向けボードな「アルディーノ」

以前から電子工作によく使われているものです。Arduino Uno R3というものがよく使われています

アルディーノ の特徴

・OSは動作しない
・ラズベリーパイ、ビーグルボーンブラックはOSが動作するので小さいPCですが、ArduinoはOSが動作しないためPCというよりは周辺機器に近いです
・利用者が多い
・書籍が多い

アルディーノ が日本で買える店

日本ではAmazonなどで購入可能です!

インテル ジュール

インテルが販売している、電子工作・IoT向けの開発用ボードです。

特徴は以下の公式ページをどうぞ!
Intel® Joule™ コンピューティング・モジュール

インテル ジュール が日本で買える店

日本ではRSオンラインから購入可能です
GT.PDKW | Intel 開発キット GT.PDKW 開発キット | Intel 【通販RS】

開発用キット一式で、58000円程度とIoT初心者にはちょっと値段が高い構成になっています。
最初にIoTを使う場合は、値段的にもラズベリーパイがお勧めです!

まとめ

今買うならラズベリーパイ3がいいかと思います。無線も標準装備で、値段は5000円ぐらいです。
利用者が多いので書籍も多く、使い方がわからない時でも検索すればだいたい解決できるため初心者にやさしいです!

無線が標準で使えると電子工作や何かを作るときのアイデアを実現しやすく、IoTに使いやすいのでとてもおすすめです!


Raspberry Pi3 Model B ボード&ケースセット (Element14版, Clear)-Physical Computing Lab

電子工作・IoT向けのカードサイズPCを選ぶときの参考になれば幸いです!

過去の記事の履歴

2016年9月版はこちら
https://www.limemo.net/blog/2016/09/%e3%80%902016%e5%b9%b49%e6%9c%88%e7%89%88iot%e3%80%91%e3%83%a9%e3%82%ba%e3%83%99%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%91%e3%82%a4%e3%80%81%e3%83%93%e3%83%bc%e3%82%b0%e3%83%ab%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%80%81ar.html

2016年3月版はこちら

【2016年3月版,IoT】ラズベリーパイ、ビーグルボーン、ArduinoなどのカードサイズPCを比較してみました

前の記事(2013年4月)はこちら。内容がやや古いですラズベリーパイデスクトップ用途、自宅サーバ、電子工作などの全ての用途に使うことができます。迷ったらこれを買っておけばいいかと思います。2016年3月時点では、ラズベリーパイ3が最新型です

2013年4月版はこちら

ラズベリーパイとBeagleBone Blackの違いを少しだけまとめてみました

調べて色々わかったので、わかる範囲で.Beagle Bone BlackはBBBと略称で書きます。値段 ラズベリーパイ:25$(モデルA) 35$(モデルB) Beagle Bone Black:45$ラズベリーパイがちょっとだけ安いCPU

おすすめアイテム!

この記事の内容はラズベリーパイを使うと実際に試すことができます!
記事を読むだけでなく「実際に自分の手を動かして体験してみる」ことがコンピュータに詳しくなる近道です!

2018年08月現在、ラズベリーパイ3 モデルBプラスが日本で手に入るコスパが良い最新モデルです!
Raspberry Pi 3 Model B+ element14 スターターセット BASIC ラズベリーパイ3 モデルBプラスではUSB機器からラズベリーパイのOSを起動することができるようになりました。 下記のようなUSBポータブルHDDを使うと、ラズベリーパイで大容量の音楽プレイヤができます! マイクロSDで同じ容量のものを買うより安いのでおすすめです! https://www.amazon.co.jp/dp/B06X3VSKJ7/ref=as_li_ss_tl?_encoding=UTF8&psc=1&linkCode=ll1&tag=aza2limemo-22&linkId=25f18e2118942a9614514a6c0b0e535c

ラズベリーパイで最先端のアプリ開発やAI研究をしているけど動作が遅いなぁ…という場合は

ラズベリーパイは安価なPCとしては高速ですが、通常のデスクトップPCと比べると性能は劣ります。

ラズベリーパイで最先端のアプリ開発やAI研究をしたいと思ったなら、Ubuntuが動作するデスクトップパソコンがおすすめです! Ubuntuはラズベリーパイとほぼ同じように操作できます!
UbuntuがインストールされているPCはCPUが高速でメモリが多く、ストレージもSSDなのでストレスなくアプリ開発を行うことができます!
グラフィックボードも搭載されており、膨大な計算を必要とするAI研究も可能です!

ラズベリーパイでは数日かかるような膨大な計算も、短時間で終えることができます!

パワフルなPCを使用すると素早く最先端のアプリ開発が可能です。これはIT業界を志望する場合の強い武器になります!
Dell デスクトップパソコン XPSタワー Core i7プレミアムモデル 18Q46/Windows10/16GB/256GB SSD+2TB HDD/GTX1050Ti[ad_bbb_201512]
スポンサーリンク

最後まで記事をお読みいただきありがとうございます!