自宅サーバ用にintel NUC「NUC5PPYH」を買ってみました -9.WakeonLANをためしてみる

スポンサーリンク

Wake On LANとは

ネットワーク越しにサーバを起動するための仕組みです。具体的にはNUCのネットワークカードに起動用のマジックパケットを他のPCからぶんなげて「起動してくださいな!」「ひい、マジックパケットさん来たから起動します!」という感じ

ただこのWakeOnLAN、わりと癖があって「どうやってもダメなNIC」がたまーにあります。「起動してくださいな!→知らんがな(´・ω・`)」みたいなNIC。

そこで「NUC5PPYH」の有線LANが対応しているかどうかをテストしてみました。

動作すると思います

別のPCから

wakeonlan (NICのハードウェアアドレス)

とやって起動すると成功ですが、起動しました(∩´∀`)∩ワーイ 別のPCはUbuntu16.04

自宅サーバが別の部屋にある場合
「作業部屋はエアコン効いているけど、サーバがある部屋はエアコンを入れていない。電源を入れに行くと暑くて体に悪いからなんとかしたい」「今テンションが過去に前例のないレベルでみなぎっている気がするので、これを維持するためにエアコンが効いた部屋から出たくない」「エアコンが効いてない部屋には行くなって、じっちゃんが言ってた」
という、今年のような猛暑だとWakeOnLANは役に立つと思います( ・`ω・´)

というφ(..)メモメモ

2021年まで使えるUbuntu16.04を使ってアプリ開発/AI研究をしたい場合

Ubuntu16.04で最先端のアプリ開発をしたい場合、以下のようなデスクトップパソコンがおすすめです! CPUが高速でメモリが多く、ストレージもSSDなのでストレスなくアプリ開発を行うことができます! グラフィックボードも搭載されており、膨大な計算を必要とするAI研究も可能です!

パワフルなPCを使用するとライバルより素早く最先端のアプリ開発ができ、IT業界を志望する場合の強い武器になります!
Dell デスクトップパソコン XPSタワー Core i7プレミアムモデル 18Q46/Windows10/16GB/256GB SSD+2TB HDD/GTX1050Ti

Ubuntu16.04をずっと使いたい場合

Ubuntu16.04を自宅でずっと使う場合、電源をずっと入れておく必要があります。
雷で停電することもあり、24時間安定させることは大変です。


しかし、VPSを使うとUbuntu16.04を月額600円ぐらいで24時間ずっと安定させて使うことができます!
はじめてのVPSには、利用者が多いさくらのVPSがおすすめです!


スポンサーリンク

最後まで記事をお読みいただきありがとうございます!