debian Linuxを使ってみる – Googleで使用されているmysqlの派生+オープンソースなソフト「mariaDB」のインストール! –

Debianで動作確認済です!

mariaDBとは

「mariaDB」は、アプリを開発するときに使用するデータベースソフトウェアです。

世界でよく使われているソフト「mysql」から派生したソフトウェアであり、Google社でも使用されているソフトです。


webアプリとデータベースサーバの関係を図で示すと、以下のようになります。mariaDBはデータベースを作るソフトになります。

インストール

debianで「mariadb」プログラムをインストールするには、以下のコマンドを実行します。

apt install mariadb-server mariadb-client

記事で使用したコマンドについて

aptは管理者ユーザのみが実行できるソフトであり、管理者ユーザでdebianにログインする必要があります。
管理者ユーザでのdebianへのログインの方法は、以下の記事をどうぞ!

Debian Linuxで確認済です! rootユーザとは rootユーザとは、debian Linuxにおける管理者ユーザです。W...

debianでコマンドを実行する場合、端末(ターミナル)を起動する必要があります。端末の起動の方法は、以下の記事をどうぞ!

Debian Linuxで確認済です! ターミナルとは ターミナルとは、Debian Linuxにおいてコマンドを実行するためのアプ...

debian Linuxをずっと使いたい場合

Debian Linuxを自宅でサーバとして使う場合、電源をずっと入れておく必要があります。
電源をずっと入れておくために電気代がかかり、騒音も発生します。設置場所も必要です。

しかし、VPSを使うと月額600円ぐらいでずっと使うことができます!
電気代や騒音に悩まされることもなく、家の中に場所も必要ありません。

下記のConoha VPSは初期費用が無料で、ためしにVPSを使って見る場合におすすめです。


また、さくらのVPSでもDebian Linuxを動作させることができます。
さくらのVPSは利用者が多いため情報が多く、はじめてVPSを使う方にもおすすめの初心者向けのVPSです!

スポンサーリンク

最後まで記事をお読みいただきありがとうございます!