いつのまにかWindowsのメモ帳でUbuntuやMACのテキスト文書が普通に表示できる予定になっていた

スポンサーリンク

なんと「メモ帳」が改行コード“LF(0x0A)”をサポートするのだそうです。Linuxなどで

作成されたテキストファイルを「メモ帳」で開くと改行が認識されず、すべて一行で表示されてしまったりしますが、こうした不便が解消されます。

https://forest.watch.impress.co.jp/docs/serial/yajiuma/1120764.htmlより

2018年5月時点で、最新の「Windows 10 Insider Preview」のメモ帳でそうなっているようです。将来のWindows10のアップデートで上記の機能が追加されるのでは無いかと思います。

いままではUbuntuで作成したテキストファイルをWindowsで見ようとするとメモ帳以外のエディタを使っていました。

アップデート後は、Windows標準のメモ帳で内容を手軽に確認できるので良いかと思います。

スポンサーリンク

最後まで記事をお読みいただきありがとうございます!