長期サポート版のUbuntu18.04を使ってみる – コンピュータウィルスの対策をする!(clamtk)

スポンサーリンク

コンピュータウィルス対策とは

コンピュータウィルスとは、コンピュータにとって害があるプログラムのことです。ファイルから別のファイルへ感染することができるものもあり、対策をしておくことが必要です。

コンピュータウィルス対策をするソフトには、市販の製品ではノートン社の「ノートン アンチウィルス」やトレンドマイクロ社の「ウィルスバスター」があります。
ノートン アンチウイルス ベーシック (最新) | 1年1台版 | Win対応
ウイルスバスター クラウド (最新版) | 1年 3台版 | Win/Mac/iOS/Android対応
しかし、これらのソフトは主にWindows用に作成されており、Ubuntuでは使用することができません。

Ubuntuでは「clamtk」というウィルス対策ソフトを使うことで、ウィルス対策ができます!

インストール

sudo apt-get install clamtk

ウィルスチェック

以下のコマンドを実行すると、Ubuntuのホームフォルダ内のファイルに対してウィルスチェックを行います。
clamtk ~

記事で使用したコマンドの解説

記事で使用したコマンドは、以下の記事にて解説しております。よろしければご覧ください。

コマンド 以下のコマンドを実行すると、実際に動かすことが可能です! 実行時の様子 上記のコマンドを実行すると、以下のように動作...

インストール Ubuntuでは、最初からインストールされているのですぐに使うことができます! 使い方 実行 例えば、...

ウブンツでコマンドを実行するには

当記事では、ウブンツでコマンドを使ってできることを解説しております。ウブンツでコマンドを実行するには「ターミナル(端末)」を起動する必要があります。端末の起動方法は、以下の記事に書いてあります。よろしければどうぞ!

端末とは 端末とは、コンピュータをキーボードで操作するためのソフトです。 端末はラズベリーパイやMacOSでは標準でインストールされ...
スポンサーリンク

最後まで記事をお読みいただきありがとうございます!