いつのまにかラズパイ3B プラスでLANケーブルのみで起動ができるようになっていた

POE給電、という機能でできるようです

PoE対応
ネットワーク アプライアンスや、ネットワーク カメラ、産業用機器で利用されることの多いPoE用の電源ピンヘッダーが新たに追加されました。
別途PoE HATが必要となりますが、LANケーブル1本で電源供給とネットワーク通信が行えるため、 観察・監視カメラ用途などで、より自由な設置ができるようになりました。

https://raspberry-pi.ksyic.com/main/index/pdp.id/435,436,437,438より

今まではラズパイを有線LANに接続して起動する場合、電源とLANケーブルの接続が必要だった

ラズベリーパイを有線ネットワークに接続して起動する場合、電源とLANケーブルが必要でした。この場合、ケーブルが2本必要になります。

ラズパイ3Bプラスでは、LANケーブルのみで起動できるようになった

一方、PoE給電ではラズベリーパイを有線ネットワークに接続して起動する場合に必要なのはLANケーブルのみです。
ケーブルが1本で済み、スッキリとした配線ができるようになります!

ただし、PoE HATとPoEに対応したネットワークハブが別途必要

ただしラズパイ3Bプラス本体のみではできません。以下の2つのハードウェアが必要になります。

PoE HAT

PoE HATとは、ラズベリーパイモデル3B plusにPoE機能を追加させるための部品です。
Raspberry Pi用PoE基板

PoEに対応したネットワークハブ

以下のようなネットワークハブになります。
PLANEX ギガビット対応 IEEE802.3af/at準拠 PoE給電アダプタ ING-ADE3AT

LANケーブルのみでラズパイを運用したい場合は、以下の最新型のラズパイがおすすめです!


Raspberry Pi 3 Model B+ element14 スターターセット BASIC

おすすめアイテム!

この記事の内容はラズベリーパイを使うと実際に試すことができます!
記事を読むだけでなく「実際に自分の手を動かして体験してみる」ことがコンピュータに詳しくなる近道です!

2018年07月現在、ラズベリーパイ3 モデルBプラスが日本で手に入るコスパが良い最新モデルです!
Raspberry Pi 3 Model B+ element14 スターターセット BASIC ラズベリーパイ3 モデルBプラスではUSB機器からラズベリーパイのOSを起動することができるようになりました。 下記のようなUSBポータブルHDDを使うと、ラズベリーパイで大容量の音楽プレイヤができます! マイクロSDで同じ容量のものを買うより安いのでおすすめです! https://www.amazon.co.jp/dp/B06X3VSKJ7/ref=as_li_ss_tl?_encoding=UTF8&psc=1&linkCode=ll1&tag=aza2limemo-22&linkId=25f18e2118942a9614514a6c0b0e535c

ラズベリーパイで最先端のアプリ開発やAI研究をしているけど動作が遅いなぁ…という場合は

ラズベリーパイは安価なPCとしては高速ですが、通常のデスクトップPCと比べると性能は劣ります。

ラズベリーパイで最先端のアプリ開発やAI研究をしたいと思ったなら、Ubuntuが動作するデスクトップパソコンがおすすめです! Ubuntuはラズベリーパイとほぼ同じように操作できます!
UbuntuがインストールされているPCはCPUが高速でメモリが多く、ストレージもSSDなのでストレスなくアプリ開発を行うことができます!
グラフィックボードも搭載されており、膨大な計算を必要とするAI研究も可能です!

ラズベリーパイでは数日かかるような膨大な計算も、短時間で終えることができます!

パワフルなPCを使用すると素早く最先端のアプリ開発が可能です。これはIT業界を志望する場合の強い武器になります!
Dell デスクトップパソコン XPSタワー Core i7プレミアムモデル 18Q46/Windows10/16GB/256GB SSD+2TB HDD/GTX1050Ti
スポンサーリンク

最後まで記事をお読みいただきありがとうございます!