いつのまにかマイクロソフトが廉価版Surfaceの「Surface Go」を発表していた

スペックは公式サイトをどうぞ
https://www.microsoft.com/ja-jp/p/surface-go/8V9DP4LNKNSZ?activetab=pivot:techspecstab

日本の個人向けは64800円〜

わりとお高い値段。オフィスが強制付属のため、アメリカ版の399ドルより遥かに高いお値段になりました。

キーボードカバーとペンはそれぞれ別売り

・キーボードカバー:11800円 ※1
・Surface ペン:12744円(税込) ※2
※1 価格は http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1807/11/news131.htmlより
※2 価格は https://www.microsoft.com/ja-jp/p/surface-%E3%83%9A%E3%83%B3/8zl5c82qmg6b/99XB?icid=JP_SurfaceAccs_ContentPlace_2_SP4Accs_NA_NA_17052017&activetab=pivot%3aoverviewtab より

感想

本体にキーボードカバーのみをつけても、8万円ぐらいと他メーカのノートPCとあまり変わらない値段になってきますorz

日本の個人向け版Surface Goと比べて
・オフィスをなくした
・キーボードカバーとペンをつけて、4万円ぐらいにした
・ディスプレイは10.1インチ
・メモリは4GB
・CPUはAtom x5-Z8350 1.44GHz なのでSurface Goより非力
・ストレージはeMMC 64GBまたは128GB

ものがASUSの2in1タブレット「T102HA」なので、オフィスがいらないならASUSのほうがコスパが良いかと思います。T102HAのほうが米国版Surface Goの399ドルに近いです。

ASUS ベーシック2in1ノートブック TransBook グレー T102HA-128S

T102HAを使用した感想は、以下の記事をどうぞ!

ASUSの2in1、Windows10タブレットです 良いと思った点 ・タッチで操作できる ・ペンで操作できる ・充電が...
スポンサーリンク

最後まで記事をお読みいただきありがとうございます!