10年使えるCentOS 7を使ってみる – 隠しファイルの一覧も表示する!(ls -a) –

スポンサーリンク
centos

lsとは

lsとは、ファイルの一覧を表示するためのコマンドです。
オプションをつけると、隠しファイルの一覧も表示することができます。

使い方

上記のコマンドは、以下のように使用します。

ls -a

それでは実行してみましょう。

$ ls -a
anaconda-ks.cfg .bash_logout

コマンドが実行され、隠しファイルの一覧も表示されました。

CentOS 7の勉強を効率的にする!

実際のマシンにCentOS 7をインストールすることもできますが、インストール用のPCを用意したり、実際にインストールするという手間がとてもかかります。

それに対して、VPSという仮想的なマシンにインストールすると
・CentOS 7で開発したものをすぐに公開することが出来る
・勉強中で、よくわからなくなってもすぐにCentOS7をインストールしたばかりの状態に戻すことができる
・CentOS 7をずっと起動しておくことが出来るので、勉強したくなったらすぐに勉強できる
と、特に「サーバ構築の勉強をする」ときの利点がとても多いので、VPSがおすすめです( ・`ω・´) 中でもさくらのVPSは利用者が多く、情報も多いので何かトラブルがあっても解決しやすいと思います
スポンサーリンク

最後まで記事をお読みいただきありがとうございます!