[TIPS]Ubuntu20.04でCentOS Stream 8のインストール用USBメモリを作成する

スポンサーリンク

ダウンロードは公式ページから可能

以下の公式ページからできます。
https://www.centos.org/download/

CentOS Stream 8のイメージは9ギガぐらいある

DVD+R DL(DVD+R片面2層)だとDVD1枚で書き込めますが、DVD+Rのディスクは家にありませんでした。

USBメモリも8ギガでは容量不足で、16ギガ以上のものが必要かと思います。

ブータブルUSBメモリの作成ではNG

9ギガあるisoなので、ダメっぽいです。

対処法

“CentOS Stream 8のイメージを選択して右クリック→別のアプリケーションで開く→ディスクイメージライタでOK”でした。
ディスクイメージライタを起動すると、指定したUSBメモリに書き込めました。

というメモ

CentOS Stream 8をDVDからインストールしたい場合は、DVD+R DLのブランクメディアを持っておくと良いかもしれません。

調べてみると、10枚1300円ぐらいであるようです。

三菱ケミカルメディア Verbatim 1回記録用 DVD+R DL DTR85HP10SV1 (片面2層/2.4-8倍速/10枚)