【TIPS】さくらのVPSの標準OSセットアップ情報について

今のVPS512からVPS2Gに移行しようかと迷っていて、色々調べていたことをメモメモ。
OSセットアップ情報|さくらのVPS|さくらインターネット公式サポートサイト

・標準OSはCentOS 6.2(64bit版)
・SSHとpostfix以外、ほぼ何も入ってない
・yumでEPELレポジトリが最初から有効
・selinuxは無効
など。

通常のマシンに入れたCentOS 6.2(64bit版)と比べて
・yumのEPELレポジトリが有効
・selinuxが有効→無効
の点が異なる感じ。

今使っているのがCentOS 5.8だから、標準OSで考えるとメジャーバージョンアップが必要か。ちょっと手間かかりそう。新規契約して、CentOS5のイメージで再インストールすれば環境はほぼ変わらないけど。せっかくだから6.2を実験マシン(clevo)にいれてつついてみよう。

その際、インストールするパッケージの属するグループが少しわからなかったのでメモ。表示を日本語にしてインストールするとわけがわからないので、英語にしてインストールしたときの記録。[]内がパッケージグループ

マニュアルでの記載パッケージの場所
BaseBase
Development ToolsDevelopment Tools
E-mail server[Servers]
Email Server
Fonts[Desktop]
Fonts
Graphical Administration Tools
[Desktop]
Graphical Administration Tools
Hardware monitoring utilities[Base System]
Hardware monitoring utilities
Legacy UNIX compatibility
[Base System]
Legacy UNIX compatibility
Performance Tools
[Base System]
Performance Tools
Perl Support[Base System]
Perl Support
Japanese Support [ja][Language]
Japanese Support [ja]

すぐ忘れそうなので書いておきます。

———-
2012/04/19 確認したことを編集しました



スポンサーリンク
最後まで記事をお読みいただきありがとうございます! よろしければシェアしていただけますと幸いです!

フォローする