ラズベリーパイでアプリ開発する! – デスクトップアプリを作る!!(Qt)

今回はGUI上でqtによるデスクトップアプリを作ってみます。

インストール

とりあえずGUIを作る環境ができていないとダメなので、作るためのソフトをインストールします

sudo apt-get update
sudo apt-get install qt4-qmake
sudo apt-get install qt4-dev-tools

ためしにプログラムを書いて動かしてみる

1.まずはUbuntuなどでGUI環境を起動します

2.以下のテキストを「main.cpp」という名前で保存してください。QtはC++言語で書かれています

#include <QApplication>
#include <QLabel>

int main(int argc, char *argv[])
{
    QApplication app(argc, argv);
    QLabel *label = new QLabel("Hello Qt!");

    label->show();
    return app.exec();
}

3.次に以下のテキストを「hello_qt.pro」という名前で保存してください

TEMPLATE = app
TARGET = hello_qt
SOURCES += main.cpp

4.上の2つのファイルからアプリケーションを作ってみます。上の2つのファイルを保存したディレクトリに移動し、最初にqmakeコマンドでGUIアプリケーションを作るための設定ファイルを作成します

$ qmake

5.次にGUIアプリケーションを作成します。makeコマンドを使用します

$ make

6.すると「hello_qt」というファイルができているので、それをダブルクリックで実行します
TightVNC: pi's X desktop (raspiwork:1)_025

「実行しますか?」と聞かれるので実行をクリック
TightVNC: pi's X desktop (raspiwork:1)_026

実行してデスクトップ画面にちっちゃいこんなのが出れば成功です(∩´∀`)∩
TightVNC: pi's X desktop (raspiwork:1)_027

ちっちゃいですが、最初のプログラムなのでこんなもんということで。

まとめ

・QtはWindows,Linux,Mac向けのデスクトップアプリが作成できる開発環境
・バージョン4と5がある。ラズベリーパイで使えるのはたぶん4
・統合開発環境があり、WindowsやLinuxで使用できる

python+tkinterより使える部品が多く、Windowsでも動くものが作成可能なので本気でGUIアプリケーションを作りたい人にはいい環境ではないかと思います。

日本語の本は少ないですが、以下の本が詳しいかと思います
入門 Qt 4 プログラミング
入門 Qt 4 プログラミング

おすすめアイテム!

この記事の内容はラズベリーパイを使うと実際に試すことができます!
記事を読むだけでなく「実際に自分の手を動かして体験してみる」ことがコンピュータに詳しくなる近道です!

2017年06月現在、ラズベリーパイ3が最新モデルです!

下記のスターターキットはラズパイを使うまでに必要なものが全て揃っています!
購入すればすぐにラズベリーパイを楽しむことができます!
Raspberry Pi 3 Starter Kit for JP 日本向け ラズベリーパイ3 スターターキット (化粧箱入り)
Raspberry Pi 3 Starter Kit for JP 日本向け ラズベリーパイ3 スターターキット (化粧箱入り)

ラズベリーパイ用のディスプレイもあります!
タッチ操作が可能です。実際に触れられるIoTシステムを作るのに悩む必要は、もうありません。

cocopar 4インチIPSハイビジョンLCD ディスプレイ タッチパネル タッチペン付

ラズベリーパイ公式のディスプレイもあります!
公式なので確実にラズベリーパイで使えます!!接続に無駄な時間を使う必要は、もうありません。

ラズベリーパイ 公式 7インチ タッチスクリーン ディスプレイ Raspberry Pi Official 7" Touch Screen LCD(フレーム無)

ラズベリーパイに対応したHDMIディスプレイもあります!車載IoTシステムを作るときに最適です。
Pumpkin【Raspberry Pi ラズベリーパイに適応】HDMI対応 10.1インチ 1024x600 1080P 高画質 TFT ヘッドレストモニター USB/SD/FM/IRトランスミッター