ラズベリーパイを使ってみる – 歴史ある文字変換コマンドを使う!(sed) –

ラズベリーパイで動作確認済です!

sedコマンドとは

「sed」コマンドは、 文字を変換したり置換するためのコマンドです。ラズベリーパイではそれだけで使うことは少ないですが、アプリケーションを作るときの準備をするときに使うことが多いです!

インストール

ラズベリーパイでsedコマンドは最初からインストールされているので、すぐに使うことができます!

sedコマンドの実行例

sedコマンドは、以下のように書きます。

echo 'aaaa:bbbb' | sed -e 's/://'

それでは実行してみましょう。

実行

$ echo 'aaaa:bbbb' | sed -e 's/://'
aaaabbbb

sedコマンドによって、最初の文字列「aaaa:bbbb」から「:」が取り除かれています。

sedコマンドはほかにも複雑な文字変換をすることが可能です!興味がある方は調べてみるといいかもしれません!

おすすめアイテム!

この記事の内容はラズベリーパイを使うと実際に試すことができます!
記事を読むだけでなく「実際に自分の手を動かして体験してみる」ことがコンピュータに詳しくなる近道です!

2017年08月現在、ラズベリーパイ3が最新モデルです!

下記のスターターキットはラズパイを使うまでに必要なものが全て揃っています!
購入すればすぐにラズベリーパイを楽しむことができます!
Raspberry Pi 3 Starter Kit for JP 日本向け ラズベリーパイ3 スターターキット (化粧箱入り)
Raspberry Pi 3 Starter Kit for JP 日本向け ラズベリーパイ3 スターターキット (化粧箱入り)

ラズベリーパイでは最新のWindowsを使ってIoT開発を行うことが出来ます!
下記のマイクロソフト純正のPCだとタブレットとしても使えて処理も速く、最新のWindowsがキビキビ動きます!
ラズベリーパイと組み合わせて使うと、素早く最先端のIoT開発が行えます!!
マイクロソフト Surface Pro 4 CR3-00014 Windows10 Pro Core i5/8GB/256GB Office Premium Home & Business プラス Office 365 サービス 12.3型液晶タブレットPC
マイクロソフト Surface Pro 4 CR3-00014 Windows10 Pro Core i5/8GB/256GB Office Premium Home & Business プラス Office 365 サービス 12.3型液晶タブレットPC
ラズベリーパイでIoT開発を行うなら、書籍があると便利です!
書籍があると素早くIoT開発が行えます!
Raspberry Pi 3でつくる IoTプログラミング
Raspberry Pi 3でつくる IoTプログラミング