Ubuntu20.10を使ってみる – Googleが開発したアプリ開発ソフト「Go」のインストール! –

スポンサーリンク

Goとは

「Go(ゴー)」は、アプリを開発するときに使用するソフトウェアです。

webアプリの構成を図で示すと、以下のようになります。Goは、アプリケーションサーバになります。

インストール

上記のプログラムをインストールするには、以下のコマンドを実行します。

sudo apt install golang

それではUbuntuで実行してみましょう。

実行

最初に、Go言語でプログラムを作成します。以下の内容を入力し、ファイル名を「hello.go」として保存します

package main

import "fmt"

func main() {
  fmt.print("Hello.\n")
}

次に、プログラムをコンパイルします。以下のコマンドを実行します

go build hello.go

次に、コンパイルしたプログラムを実行します。以下のコマンドを入力します

./hello

Goを実行できました!
「Go」にはいろいろな使い方があります。記事を読むだけでなく手を動かして調べてみると、コンピュータを具体的に学ぶ良い経験になります!!

記事で使用したコマンドの解説

記事で使用したコマンドは、以下にて解説しております。よろしければご覧ください。
sudoとは sudoコマンドとは、一時的に管理者になるためのコマンドです。 ソフトウェアをインストールしたり、管理者権限が必要なコ...
aptとは aptとは、ソフトウェアをインストールするためのソフトです。 書式 インストール aptは最初からイ...

コマンドを実行するには

コマンドを実行するには「ターミナル(端末)」を起動する必要があります。端末の起動方法は、以下にあります。よろしければどうぞ。
端末とは 端末とは、コンピュータをコマンドで操作するためのソフトです。 端末はUbuntuやMacOSでは標準でインストールされてお...

スポンサーリンク

最後まで記事をお読みいただきありがとうございます!