ラズベリーパイを使ってみる – 空き容量を表示する!(df -h)-

スポンサーリンク

Raspberry piを使っていますが、どれくらいの容量を使っているか知りたくなったので調べて見ました。

dfコマンドで表示

dfコマンドに-hをつけると見やすく表示してくれます。-hはhuman readable,と人が見やすい形(単位つき)で出力してくれます。実際にしてみるとこんな感じ

$ df -h
ファイルシス   サイズ  使用  残り 使用% マウント位置
rootfs           3.6G  2.0G  1.5G   58% /
/dev/root        3.6G  2.0G  1.5G   58% /
devtmpfs         117M     0  117M    0% /dev
tmpfs             24M  196K   24M    1% /run
tmpfs            5.0M     0  5.0M    0% /run/lock
tmpfs             47M     0   47M    0% /run/shm
/dev/mmcblk0p1    56M   17M   40M   30% /boot

rootfsと/dev/rootがダブっている気がしますが、expand_rootfsの影響かなぁ?
rootfsの残りの容量がラズベリーパイ全体で使える残りの容量(ラズベリーパイの空き容量)です。

上記の結果だと、空き容量が1.5ギガです。
4ギガのSDカードで1.5ギガ残っているので、空き容量に問題はなさそう。

空き容量が少なくなってきたら…

ラズベリーパイの空き容量が少なくなるとラズベリーパイ全体が不安定になります。ゼロになるとコマンド実行ができなくなったりするので、できるだけ空き容量には余裕があると良いかと思います。

2017年のラズパイ3だと必要な容量も大きくなってきているので、できるだけ容量が大きく高速なマイクロSDを使用することをおすすめします!!
以下の容量も32GBと大きめな上に「永久保証」つきなのでおすすめです!

【Amazon.co.jp限定】Transcend microSDHCカード 32GB Class10 (無期限保証) Newニンテンドー3DS 動作確認済み TS32GUSDHC10E (FFP)

おすすめアイテム!

この記事の内容はラズベリーパイを使うと実際に試すことができます!
記事を読むだけでなく「実際に自分の手を動かして体験してみる」ことがコンピュータに詳しくなる近道です!

2018年10月現在、ラズベリーパイ3 モデルBプラスが日本で手に入るコスパが良い最新モデルです!
Raspberry Pi 3 Model B+ element14 スターターセット BASIC ラズベリーパイ3 モデルBプラスではUSB機器からラズベリーパイのOSを起動することができるようになりました。 下記のようなUSBポータブルHDDを使うと、ラズベリーパイで大容量の音楽プレイヤができます! マイクロSDで同じ容量のものを買うより安いのでおすすめです! https://www.amazon.co.jp/dp/B06X3VSKJ7/ref=as_li_ss_tl?_encoding=UTF8&psc=1&linkCode=ll1&tag=aza2limemo-22&linkId=25f18e2118942a9614514a6c0b0e535c

ラズベリーパイで最先端のアプリ開発やAI研究をしているけど動作が遅いなぁ…という場合は

ラズベリーパイは安価なPCとしては高速ですが、通常のデスクトップPCと比べると性能は劣ります。

ラズベリーパイで最先端のアプリ開発やAI研究をしたいと思ったなら、Ubuntuが動作するデスクトップパソコンがおすすめです! Ubuntuはラズベリーパイとほぼ同じように操作できます!
UbuntuがインストールされているPCはCPUが高速でメモリが多く、ストレージもSSDなのでストレスなくアプリ開発を行うことができます!
グラフィックボードも搭載されており、膨大な計算を必要とするAI研究も可能です!

ラズベリーパイでは数日かかるような膨大な計算も、短時間で終えることができます!

パワフルなPCを使用すると素早く最先端のアプリ開発が可能です。これはIT業界を志望する場合の強い武器になります!
Dell デスクトップパソコン XPSタワー Core i7プレミアムモデル 18Q46/Windows10/16GB/256GB SSD+2TB HDD/GTX1050Ti