パソコンでゲームじゃなくて創造したい!その時によさそうなIoT開発用のガジェット4つ

スポンサーリンク

パソコン、というとインターネットやゲームが中心ですが「創造することで自分を表現したい!」というときに使う道具にもなります。
この記事では、パソコンでIoT開発をするときによく使うガジェットを紹介します!

35ドル+超小型+無線LANありで4コア!ラズベリーパイ3


今やカード型PCというかIoT開発の標準ともいえる、ラズベリーパイ3です。5980円で4コアのCPUに1ギガのメモリがあり、IoT開発も可能という大人気なカードサイズのパソコンともいえます。

3になり無線機能も標準装備され、おすすめです!

買ってきてすぐに開発できる!ビーグルボーンブラック


ラズベリーパイ3と同じ、カードサイズのPCです。1コアでメモリ512MBとラズベリーパイ3に比べると、少し性能が落ちます。
その分最初からディスクが搭載されており、買ってきてすぐにIoT開発ができるというメリットがあります!

ビーグルボーンブラックの後継版 ビーグルボーングリーン

ビーグルボーンブラックの後継機です。ビーグルボーンブラックとの互換性もあり、価格も4980円と安価になっています。
今からビーグルボーンブラックで開発をするなら、互換性もあるグリーンもおすすめです!

一般的な店舗では販売しておらず、秋月電子通商で販売されているようです
BeagleBone Green: マイコン関連 秋月電子通商 電子部品 ネット通販

大会社インテルの放つIoT開発ボード!インテル エジソン


インテルが作成した、カードサイズのIoT向け開発ボードです。インテルが作成していることもあり、インテルが主催するIoT開発イベントで多く使用されています。インテル主催のイベントに多く参加したい方にお勧めです!

結局のところ、どれが一番おすすめ?

ラズベリーパイ3が一番いいかと思います。値段的にもコスパがよく、使っている人が多いためインターネット上に情報が多く「自分のしたいこと、パソコンで創造したい事」が最も手早く実現できるものになっています

あまりパソコンには詳しくないけどIoT開発をしてみたい、パソコン初心者には下記のラズベリーパイ3がイチオシです!!

スポンサーリンク

最後まで記事をお読みいただきありがとうございます!