IoT向けで10年間サポートされる「Ubuntu Core 18」が発表されたようです

スポンサーリンク

 英Cnonicalは1月22日、IoT向けの軽量ディストーションの最新版「Ubnutu Core 18」を正式発表した。「Ubuntu 18.04」をベースとし、10年間のセキュリティアップデートを行うという。

https://mag.osdn.jp/19/01/23/163000より

 Ubuntu CoreはIntelおよびARMのCPUに対応、ハードウェアとしてはDell、Rigado、Iintel、QUalcomm、Samsung、NXPなどのものをサポートする。Raspberry Pi 2/3やQualcomm Dragonboard 410、Intel NUC(64ビット)などに簡単にインストールできるほか、KVM上でも利用できる。

ラズベリーパイでも動作するので、ラズパイでIoTシステムを作る場合にOSとして使っても良いかと思います!

Ubuntu Linuxをいつも使いたい!

Ubuntu Linuxをいつも使う場合、パソコンの電源を常に入れておく必要があります。
すると電気代がかかり、騒音も発生します。

そこで、VPSを使うと電気代や騒音を気にせずにずっと使うことができます!

VPSとは、会社が設置しているサーバです。会社と契約し月額料金を支払うと使用することができます。

特徴として
・24時間いつでも使用できる
・電気代を気にしなくてもOK
・パソコンが起動しているときの音を気にしなくてもOK
というメリットがあります。

日本ではさくらのVPSが利用者が多く、はじめてVPSを使う方におすすめです!