Ubuntuを使ってみる – コマンドを実行するときだけ管理者になる!(sudo) –

スポンサーリンク

Ubuntuにて動作確認済です!

コマンド

以下のコマンドを実行すると、Ubuntuで実際に動かすことが可能です!

sudo whoami

実行時の様子

上記のコマンドを実行すると、Ubuntuで以下のように動作します!

$ sudo whoami
root

解説

sudoコマンドは、Ubuntuで一時的に管理者になるためのコマンドです。ソフトウェアをインストールしたり、管理者権限が必要なコマンドを実行するときによく使います。

上記の例だとwhoamiというコマンドを管理者権限で実行しています。whoamiというコマンドは、実行しているユーザの名前を表示するコマンドです。sudoと同時に使用することで、コマンドを実行しているユーザがroot(管理者)である、と表示されています。

Ubuntuでとても良く使うコマンドなので、覚えておくと良いかと思います!

ラズベリーパイでも同じコマンドが使えます!

ラズベリーパイとUbuntuはとても良く似ているため、同じコマンドが使えることが多いです。
sudoコマンドは、ラズベリーパイでも使用できます!

以下でラズベリーパイでのsudoコマンドを解説しているので、よろしければご覧ください。

・2016年5月追記 bash on Ubuntu on Windows10でも動作確認しました! ・2016年3月追記 Ub...

最新型のラズベリーパイ3は5000円ぐらいで本体が購入でき、Linuxやプログラミングの勉強とIoT開発にも使用することができます!