【2018年7月,4年3ヶ月安定稼働】intel NUC「DN2820FYKH」を使ってみました

スポンサーリンク

買った当時の目的は、自宅サーバ用でした

・お値段が本体とメモリで20000円ぐらい
・超小型で静か
・消費電力が少ない
・ストレージに2.5インチのHDDやSSDが使用できる
・LANが1ギガなので、通信が高速
と、24時間自宅で稼働する「自宅サーバ」向けのPCとして優れたPCです。実際に数年間は自宅サーバとして稼働していました。

現在は、動画やホビー専用のサブマシンとして活躍中

自宅サーバは次の世代のintel NUC「NUC5PPYH」に譲ったので、今は動画再生専用マシンになっています。
NUC5PPYHを買った時の記事はこちら

時間ができて、やっと起動できました(∩´∀`)∩ワーイ 買った店舗 ヨドバシと某大手通販サイトを比べたところ、価格差があまりなかった...

ストレージを2.5インチSSDにし、Ubuntu16.04.2以上(Ubuntu16.04日本語版はNG)をインストールしました。

すると普通にabemaTVなどのネット動画再生専用マシンになりました(^^)
無線LANを内蔵しており、intel製なのでUbuntuでもあっさりと認識しすぐに使えました。

ストレージをSSDにすると高速に起動し、軽い処理ならこなせる超小型PCになるので便利なマシンかと思います!

ただ、CPUは高速ではないのでゲームやAIプログラムのような膨大な計算量が必要な用途にはあまり向かないかと思います。

[ad_dn2820_201512]
スポンサーリンク

最後まで記事をお読みいただきありがとうございます!